SR400カフェレーサー12ヶ月点検 2%ER CHUCKBOX CAFERACER カスタムバイク

こんばんは

今日は2%ERがお客さんたちにオススメしている12ヶ月点検の作業のこと。 

IMG_0719_20200305173729209.jpg

整備作業のことを詳しく長々と書きそうなので、そんなのメンドくさーいって方は⇒YOUTUBE 2%ERチャンネルでもご覧になってもらえるとうれしいです! 整備好きな方やご自身で整備されたい方はゆっくり読んでご参考にしてみてください。

IMG_0821.jpg

なんでかな?カスタムをたくさんしているお店って整備や修理、メンテナンスに弱いイメージがあるらしいですね。 だからって訳ではないんですが今回は〇「前回のブログ」に引き続き、2%ERが1年間に1万キロ以上走行されるお客さまにお奨めしている12ヶ月点検整備のことを書いていきますね。


ドナーはこの車輌、古巣の〇「CHUCKBOX」時代に深く関わった土本くんのSR400カフェレーサー。

IMG_0946_20200305164709d73.jpg

17年前に新車で購入していただき少しづつカスタムが進んで今はこんな状態です。 遠距離の通勤にも使用されていてるので今回の整備となりましたよ。


ではではいつもの「2%ERのSR400/500車検整備」より少しメニューの少ない「12ヶ月点検整備」開始でーす

まずは弱点の多いリア周りから。

IMG_0668.jpg

特にスイングアームピボットとリアブレーキ/ハブクラッチを重点的に診ていきます


まずはスイングアームをバラしてシャフトやブッシュ、ベアリング類の点検です

IMG_0669.jpg

もちろんフレーム側のピボットシャフトの受け側も点検しておきますね

IMG_0672.jpg

スイングアームピボットはトルクの大きいSR400/500の弱点でして、故障すると危険だし、修理にかかる費用も大きいので、特に屋外保管の方やアクセルの扱いが急な方、高速を走り続ける方はだいたい1万キロくらいで点検するのがいいと思います。

IMG_0670.jpg

各パーツを洗浄して磨耗度合いをチェックし、高荷重性、高対候性、水分に強くすこし固めのグリスを必要カ所にしっかり塗布して組み付けしていきます

2%ERでは信頼性バツグンのBOSTIKとワコーズのモリブデングリスを3;1で混ぜて組み付けしていますよ。

IMG_0673.jpg

このグリスを使っていれば、いつも変わらない姿でスイングアームの固着とは無縁になります! あ、あとロックナットは新品に交換して規定トルクで締め付けです。


続いてリアホイール。跨って左側のスプロケットハブ(ハブクラッチ)のオーバーホール。

IMG_0674.jpg

このカ所も、スイングアームピボットと同じくもし部品交換の修理になると費用がかなり大きくなるのでしっかり整備しておきます。

スプロケットハブやハブダンパーを取り外し、まずはクリーニングして状態を把握。

IMG_0679.jpg

パーツ洗浄台で部品をひとつひとつ洗浄しながら点検し、

IMG_0676.jpg

グリスがしっかり乗るように脱脂をして、この箇所もBOSTIKのグリスで組み立てしていきます。

IMG_0678.jpg

ここでひとつ注意点。 

スイングアームピボットやスプロケットハブに「グリスニップルからグリスを差せ」ってよく言われますが、しっかりしたグリスを使ってちゃんと組めばそんな必要は無いです。スイングアーム側は入れすぎると裏側のオイルシールがグリスの圧で抜けちゃって、そこから水が入って逆効果。かなり短命になります。 

IMG_0677.jpg

ハブクラッチ側は全体にまんべんなくグリスが廻らずに、ゴム製のハブダンパーの1部にグリスが乗って逆効果となります。 しっかりした整備をするにはバラして必要カ所に必要分のしっかりしたグリスを塗るのがベストだと思いますよ。

で、ホイールベアリングがゴリついていないか点検、

IMG_0685.jpg

そのあとリアブレーキのオーバーホールです。

IMG_0686.jpg

汚れたドラムをクリーニングしてライニングの磨耗具合を点検、

IMG_0687.jpg

パネル側もしっかり点検しながら洗って組み付けです。 ブレーキシュー、交換しないときは面取り、清掃をしてからリーディング、トレーディングシューをそれぞれ組んであった通りに組み付けです。

IMG_0688.jpg

でね、このへんの作業が終ればリアホイールを振れ取り台に載せて、

IMG_0680.jpg

で、リアタイヤのミゾがかなり減っているのでオーナー土本くんに判断してもらうために写真を送って返事待ち、

IMG_0683.jpg

バランスウェイトを取り外してホイールスポークを増し締めしておきます。

IMG_0681.jpg

今回の車輌のようにH型アルミリムを組み付けた場合、走り方にもよりますがだいたい3~4000kmでいちど増し締め、10000kmくらいでもういちど増し締めしておくと、その後はほぼ緩まないですよ。リムはアルミ、ニップルはスチール。なので負荷がかかり続けて”緩む”っていうよりは、アルミが座って馴染む感じなのかな?ま、いずれにしろ増し締めは必要ですね。

IMG_0689_20200305174918f75.jpg

いろいろと点検してリアホイールを組み立て終えればリア周りの点検整備は完了です。

IMG_0692_202003051749196c9.jpg


つぎはフロントの足回りを整備していきますね。

IMG_0775.jpg

キャスティングブレンボのダブルディスク仕様です。まずはキャリパーの点検。

IMG_0778.jpg

ブレーキピストンを揉み出してクリーニング。 ピストンにキズやサビ、段つき磨耗が無いか確認できればグリスアップして組み戻し。

ブレーキパッドは残量や片減りがないかなどを確認してから清掃、角の面取り、グリスアップして組み付けです。

IMG_0779.jpg

左右のキャリパーの点検が終れば

IMG_0781_20200305175310bf8.jpg

ブレーキフルード交換とエアー抜き作業のためにフロント周りをジャッキアップします

IMG_0786.jpg

このときにフロントフォークのオイル漏れやステムベアリングの動きも点検しておくんです。

ブレーキフルードの交換、エアー抜き作業をするためには、このくらいの傾きで、

IMG_0784.jpg

ブレーキマスターの角度が大切になるので、ハンドルを左にきったときに180°よりもすこし傾けてキープします。 こうしないとエアーが抜けきれなくってめっちゃ危険ですよ。

新規画像_1447

ってことで毛布で養生しながらマスターキャップを空けて

IMG_0790.jpg

フルード交換とエアー抜きです。 エアー抜き作業はブレーキマスターから遠い側からの作業が基本。

IMG_0789_20200305185218d8d.jpg

この車輌は左側のキャリーパーからエアー抜き作業をしていきますよ。

でね、この時点でオーナー土本くんからタイヤ交換の返事が来たので交換です。

IMG_0805_20200305185505696.jpg

土本くんはずっとGT601だったんだけど、今回は気分転換。

IMG_0811_20200305185501da1.jpg

ハンドリングがシャープでグリップ感が長持ちするって評判のミシュランのパイロットアクティブにしてみたいってことで履いてみました。 どんな感じか楽しみですね!

スポークを増し締めして

IMG_0809_20200305185506ec9.jpg

バランス取り。

IMG_0812.jpg

ベアリングの状態なんかを点検していきます。

IMG_0813.jpg

で、リアホイールをもういちどバラしてタイヤ交換。

IMG_0823.jpg

ドライブチェーンは適正な張り調整をしてからグリスアップです。 これでひとまず足回りの点検が完了しました。


IMG_0824.jpg

つぎはクラッチやキャブレター、エンジン調整なんかのメニューです。どんどん進めていきますね!


クラッチレリーズの調整作業です

IMG_0797_2020030519090847f.jpg

クラッチレバーをバラして

IMG_0799.jpg

古いグリスを清掃。 必要があればサンドペーパーで面取りがオススメです

IMG_0802_20200305190900aa2.jpg

市販のワイヤーインジェクターを使いクラッチケーブルに注油、

IMG_0800.jpg

こんなふうにね、しっかり下から垂れてくるまでグリスを入れます。

IMG_0801_2020030519090046f.jpg

で、スプロケットカバーを取り外してレリーズ調整作業。

IMG_0795.jpg

このアジャスターを緩めて調整していきますよ。

IMG_0796.jpg

しっかりいい位置を出して、新しいグリスをレバーの作動部分に塗布、

IMG_0804_202003051909038e7.jpg

レバーホルダー側には指が入らないので小さいマイナスドライバーでグリスを塗っておきます

IMG_0803_20200305190902815.jpg

レバーを組み付けてアジャスターで調整すれば完了です。


クラッチ周りがおわれば次はエンジン調整作業です。

IMG_0825.jpg

シートとガソリンタンクを取り外して作業しますね

IMG_0826_20200305191730939.jpg

ガソリンタンクを取り外したときに、、、

IMG_0832.jpg

エンジンマウントのボルトが1カ所緩んでいるのを発見、

IMG_0833_202003051922131ca.jpg

新品のロックナットで締め付けしておきました。 やはり振動の多いSR,たまにこういうことがありますね。

IMG_0834.jpg

気付けてよかったです


で、スパークプラグを取り外して焼け方の確認。 いい焼けだと思います。 

IMG_0829_20200305191925fbf.jpg

シリンダー右側後部のキャップを取り外してカムチェーンのテンション調整。

IMG_0831_2020030519201475c.jpg

タコメーターの取り出し口からはオイル漏れを発見。 いろいろと出てきますね。

IMG_0827_20200305192426144.jpg

このカ所はね、エンジン側のオイルシールとメーターケーブル側のO-リングでオイルを漏れどめしている構造です。 今回はO-リングのみの交換。 左が古いの、右が新品です。

IMG_0836_20200305192426668.jpg

ではタペットのクリアランス調整をしていきますね。

IMG_0837_202003051928048c1.jpg

すこしオイルが滲んでいるみたいですね

IMG_0838.jpg

バルブクリアランス、2%ERではチューニングエンジンではない場合、インテークは0.10mm、

IMG_0839.jpg

エキゾーストは0.15mmで調整しています。 条件的に調整のときは斜めにフィラーゲージを引くので、すこし手の感覚の慣れが必要ですよ。

IMG_0840.jpg

タペットキャップのO-リングは新品に交換して組み付けしておきました。

IMG_0842_2020030519280391f.jpg

エンジン調整が完了したのでスパークプラグを新品に交換、

IMG_0843.jpg

このSRは〇「FCRキャブレター」と「メガホンマフラー」で吸排気の効率が上がっているので、標準のBPR6ESよりも熱価が高い7番を組んでいます

IMG_0844.jpg

つぎはキャブレターのフロートチャンバー(下部のガソリンがたまるところ)の清掃。

IMG_0845.jpg

この箇所のクリーニングで不調を未然に防げたり、ガソリンタンクやエアクリーナー(この車輌をついてないですけど)の状態を確認できるんです。

開けてみると、、、底のほうツブツブのゴミが少し、、、磁石をあててみても鉄ではないのでガソリンタンク内部は安心かな?

IMG_0847.jpg

ひとまずクリーニングしてある程度の距離を試乗、帰ってきてまた開けて点検してみまーす


タンクやシートを組む前に、普段手が届かないような場所を拭き拭きして

IMG_0848.jpg

今回はついでに土本くんが赤いファンネルが気に入らなかったらしいので

IMG_0849.jpg

オリジナルの〇「FCRキャブレター用ファンネル/ネットセット」を追加で組み込み。

IMG_0850.jpg

カッコよくなりましたね!

IMG_0853.jpg

エンジンをかけてエアースクリューの調整や灯火類の点検、

IMG_0852_20200305203604617.jpg

スピードメーターのランプが消えていたので球を交換しておきました

IMG_0854.jpg

あとは試乗をして細かく調整したり、最後に増し締めしたりで2%ERの12ヶ月点検は完了。

ほんとはエンジンオイル/オイルエレメントの交換もメニューに入っているんだけど、今回はオイル交換直後だったので土本くんと相談してメニューから外しておきました。


試乗とときの写真は撮り忘れていたんだけど、やっぱり整備したバイクってほんと気持ちいいです!

あまり整備をしたことが無い方や、なんとなく調子が悪いなーって方、あと車検まで期間があるのにかなりの距離を走っておられる方、ご相談くださいね!

IMG_0947.jpg

IMG_0946_2020030520431997c.jpg

では土本くん、今回もありがとうございました!! また気をつけて楽しんで乗ってくださーい!!


ふだん何回もしていることなのにブログにこういう作業を書くのってほんと久しぶりな感じ。 またいろんな作業のことアップしますね!


それではみなさんおやすみなさい


----------------------------------------------------------

【 2%ER ( ツーパーセンター )】
滋賀県大津市松山町6-3

TEL/FAX ; 077-526-7016      MAIL ; kid2persenter@yahoo.co.jp

営業時間 ; 10;30 ~ 20;00   定休日 ; 水曜日

ホームページ ; http://2-percenter.com/   

WEBショップ ; http://2percenter.cart.fc2.com/

グッズ/アパレル ; http://2percenter.cart.fc2.com/?ca=18

カスタムギャラリー ; http://2-percenter.com/custom-bike/ 

フェイスブック ; 2%ER CUSTOM BIKE SHOP 
( https://www.facebook.com/pages/2er-Custom-BIKE-SHOP/304891882920263 )

インスタグラム ;  2persenter  ( https://vibbi.com/2persenter )

ツイッター ; @2persenter

YOUTUBE ; 2%ER JAPAN
( https://www.youtube.com/channel/UCuUc1IgCxPKoXZvaGjhnmsQ )

コンプリートカスタム ; http://2-percenter.com/complete-bike/ 

ユーズドバイク ; http://2percenter.cart.fc2.com//?ca=4

車検、整備、修理、ペイント、部分カスタム、フルカスタム、コンプリート車製作、

オリジナルパーツ製作、業者様OEMパーツ製作、加工下請け、通販、業販、遠方引取り/納車、、、

どんなことでも超お気軽にお問い合わせください

#sr400 #sr500 #2percenter #ツーパーセンター

-----------------------------------------------------------

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

2%er

SR POSSIBILITY, Shiga Japan.

〒520-0024

滋賀県大津市松山町6-3

TEL/FAX 077-526-7016

営業時間 10:30~20:00

水曜定休

検索フォーム

Webstore

カテゴリ

月別アーカイブ


管理者