ワンオフパーツ制作例 SR400 ヘッドライト周り ルネッサ トップブリッジ SR500 カスタム マフラー

こんばんは


今日はワンオフパーツのご依頼から制作例のブログを書いていきますね


この2%ERのブログを読んでくれてる方はカスタム好きな方が多いと思います


もちろんノーマルのまま楽しんでおられる方もたくさんおられるでしょうし、グリップひとつミラーひとつでも

自分好みにカスタムして個性を出せばテンション上がって楽しいですよね


中には自分のバイクのための専用設計で世の中にひとつだけのワンオフパーツってどうなんだろう?

って思っている方もおられると思います。


2%ERでは毎日のようにワンオフパーツを制作していますが、

今日はその中でオーダーメイドのワンオフパーツのことをふたつ、元気があったらみっつご紹介です。


ひとつはヤマハのルネッサ250のセパレートハンドル用トップブリッジ、

IMG_1134_20190205151851f35.jpg


もうひとつはSR500用のヘッドライトステーの制作例です

IMG_1015_20190205151914fa0.jpg


○「 以前のワンオフマフラー制作 」 のときのブログみたいに

無題

造り方なんかのことをたくさん書くので興味の無い方は


○「 2%ERのカスタムバイクギャラリー 」 なんかご覧になってくださいね




ではではまずはルネッサのトップブリッジのことから書いていきます


SRVの後継車としてリリースされたのがこのルネッサですね

IMG_0450.jpg

イタリアンなデザインでノーマルでもカッコいい車両なんですが、もう絶版となって長く、

専用のカスタムパーツが少ないのでカスタムしにくいモデルです


当時はけっこうカスタムパーツがあったのになー


で、今回のオーダーはセパレートハンドルに変更されたオーナーからハンドルポスト一体型の

IMG_0451.jpg

トップブリッジを外し、平らでスタイリッシュなトップブリッジを造ってほしいというオーダーでした。


たしかにこのスタイルでハンドルポストが残っているとバランスが悪いですもんね


で、制作したのがこのトップブリッジ。 2%ERで設計し、切削屋さんに実作してもらったものです

IMG_0453.jpg

ウチのお店にはフライス盤が無いのでこの手の削り出し製品はニガテなんですが、

自分自身の勉強も兼ねて切削屋さんにいろいろ相談に乗ってもらって仕上げてもらいましたよ


2%ERはお店が狭いこともあり、足回りを浮かせた車両を長期で保管しておくスペースが無いので

IMG_0452.jpg

純正トップブリッジを採寸のサンプル用にひとつ購入し、そこから寸法を拾って設計しました。


だからこの日は仕上がったトップブリッジの組み付けのためにオーナーの中村くんに乗ってきてもらったんです

IMG_0449_20190205151844d8a.jpg

ボクが風邪をひいているのを知っていてくれて、リポD差し入れにいただきました、お気遣いありがとです!!


ってことでさっそく作業場に車両を入れて

IMG_0454.jpg

組み付けしていきますね


まずはこの純正トップブリッジを外していきます

IMG_0455.jpg

見れば見るほどハンドルポストがジャマ、完成の姿が楽しみになってきますね


トップブリッジを取り外すと

IMG_0457.jpg

ハンドルロック機能も内蔵されているイグニッションスイッチがいっしょについてくるんです


メーカー純正の製品はほんとによく出来ていて、飛び出たハンドルポストの裏側はしっかり肉抜きされていますね。

もちろん強度検討をした上でのバイク全体とハンドリングの軽量化、

あとは鋳造製法の際の材料費を落としているんだと思うんですが、見れば見るほどよくできた物だなって思います


でね、イグニッションキーの取り付けには盗難防止のための特殊ボルトが使われていて、

IMG_0459.jpg

工具がかからずカンタンには外れないようになっているんです


なのでいらないボルトを用意して

IMG_0461.jpg


メインキーを留めている特殊ボルトのアタマに溶接、

IMG_0462.jpg

バイス (万力) に固定して


工具をかけ回して取り外しました

IMG_0463.jpg

外したイグニッションキーを新しいトップブリッジに移植して組み付けよーと思ったら、、、


ここで重大な設計ミスが発覚しちゃいまして、トップブリッジを切削屋さんに送り返して

追加工してもらわなきゃいけないことになりました、、、


楽しみにお店に来てもらったのに、こちらのミスでほんとに申し訳ないです、、、、


オーナーの中村くんに伝えると、やな顔せずに承諾してくれて。 ありがたい対応、感謝です!!


すぐに元の状態に組み戻して乗って帰っていただきました。


でね、これ一週間後。 


IMG_1092_20190205174353737.jpg

追加の切削加工が完了し、改めて仕上がったトップブリッジの取り付けに


ふたたびオーナーの中村くんが来てくれました

IMG_1090.jpg


中村くんが横で見ていてくれる中、トップブリッジはすぐに取りつけできましたよ。

IMG_1097_20190205175046bfd.jpg

カッコよくなりましたよね! で、今回はイグニッションキーを別箇所へ移設することに。


そうするとハンドルロックの機構が無くなっちゃうんで

IMG_1099_2019020517525900c.jpg

このキットを用意、


○「 ハンドルロック ウェルドオンキット 」 です0b4d6aabd94dbf530b3c8703bd2d8c51.jpg

このキットを使ってハンドルロックを新設していくんです


このあたりに取り付けしようと思います

IMG_1100_2019020517530047e.jpg

パイプをフレーム側に、ロックキーが付いているプレートをステム下側に溶接です


パイプをフレームの角度に合わせてナナメのカットし、

IMG_1101.jpg


しっかりと位置ギメをして溶接です。 

IMG_1105.jpg

こんな感じですよ


ハンドルロックがかかっている状態ではどんな工具でもロックを取り外せない位置、

IMG_1111_2019020518423821a.jpg

ってのもポイントです。


で、次はイグニッションキーの移設作業。

IMG_1113.jpg

取り外したイグニッションキーに


○「 スチールウェルドタブ 4.5厚 Sサイズ 」 をボルト留めし、


a2a1e16c65dba629f3e3842043e97bda.jpg


IMG_1116.jpg

車体の左側、リアショックの前側に取り付けしていきます


こちらもしっかりと位置ギメしてウェルドタブをフレームに溶接です

IMG_1121.jpg


それぞれガッチリ溶接したら

IMG_1122_20190205185844d82.jpg

加工した箇所をタッチペンでサフェーサー、塗料の順番で塗っていきまして


ハンドルロックの組み付けボルトにはロックタイトを塗布してから

IMG_1124_20190205185959e4e.jpg

本組みしていきます。 配線を伸ばしたメインキーも組みつけすれば完成、


人生初のワンオフパーツが2%ERってうれしいです! んでめっちゃ喜んでもらえてうれしいです

IMG_1133_20190205190208922.jpg

でもお待たせしちゃってごめんなさい、ほんとにありがとうございました!!


やっぱり専用設計だとバッチリかっこよく仕上がりますね

IMG_1134_20190205190209a5a.jpg


ハンドルロックは目立たず操作しやすい箇所に取り付けできています

IMG_1135_20190205190210feb.jpg


中村くんはこのバイクで銭湯めぐりを楽しんでおられるそうですよ

IMG_1136.jpg

温泉じゃなくって銭湯てのがいいですよね! また見せてもらいまーす





はい、ここまではルネッサのトップブリッジの外注作業のワンオフ制作でした。


でね、ここからは全て2%ERの工場内で制作していくワンオフパーツ、


SR500のヘッドライトステーの制作です。 日帰り作業で制作していきますよ!

IMG_0907_20190205191756d4a.jpg

この日は雪の日でめっちゃ冷えてたんですけどね


すごく楽しみにしていてくれた佐々木さん、 雪だったので日を変更かなー?って思ってましたけど

IMG_0906.jpg

ここよりもっと寒い場所にお住まいなのに乗ってきてくれましたよ


○「 ギャラリー№149 SR500 ハードテールチョッパー 」 です

IMG_7869_20190205192332636.jpg

今回は この ○「 ビンテージスタイル スクエアヘッドライト 」 を使って


c1f9fc36f0fd01f971aade3b4c6.jpg

角目2灯にしていきます


で、いきなり完成写真なんですが、完成したのは朝から来てもらって3時くらい

IMG_1014.jpg


IMG_1015_20190205192840b05.jpg

カッコよく仕上がりましたよ!!


ではでは制作過程を書いていきますね


まずは車両を作業場に入れて、材料や取り付け方を考えていきます

IMG_0913.jpg

この車両はハーレー用のスプリンガーフォークを取り付けしているので専用のライトステーが無いんですよね


なのでライトステーはワンオフ制作になるんです

IMG_0915_20190205193134aeb.jpg

なのでヘッドライトをふたつ用意して、さっそく制作開始、


まずはステンレスのフラットバー (平らな板材) をカットして2枚用意、

IMG_0917.jpg


小さいほうの板材の形を整えて、

IMG_0925.jpg

穴をあけてから裏側にナットを溶接します


スプリンガーフォークの

IMG_0927.jpg

フロント部分、


この部分に開いている穴に

IMG_0928.jpg

上側からボルト留めできるように加工したんです


で、さっきの長いフラットバーに穴をあけて折り曲げ、

IMG_0931.jpg

小さいプレートと溶接すれば


ひとまず下側のヘッドライトを取り付ける形になりました

IMG_0930.jpg


IMG_0933.jpg

でね、下側のヘッドライトを仮り組み、


全体のバランスを見ていきますよ

IMG_0935.jpg


角目1灯でもじゅうぶんカッコいいんですけど、 2%ERでは角目2灯のときは

IMG_0934_20190205195448efc.jpg

下側をロービーム、上側をハイビーム仕様にして Hi/Lo の切り替え仕様にするのが定番でして


スタッフの安達くんに上側のライトを持ってもらいながら

IMG_0938_201902052001261fd.jpg

オーナーの佐々木さんといっしょに1番カッコいい取り付け箇所を考えていきます


こうやって作業しながらオーナーといっしょに内容を決められるのも

ワンオフパーツの魅力のひとつですよね


いっしょにいろんな角度で見ながら、

IMG_0939_20190207191043840.jpg

いちばんカッコいい場所が決まったら


もう1枚ステンレスの板材を用意、

IMG_0941.jpg

ヘッドライトがボルト留めできるように穴を開けたら


さっきのヘッドライトステーに溶接です

IMG_0946.jpg


隣で写真を撮って喜んでくれる佐々木さん

IMG_0945.jpg

造ってるボクもうれしいです。 レイアウトは決定ですね。


これで完成って終りたいところなんですが、

IMG_0948.jpg

なんて弱弱しいステーなんでしょ。 微振動の少ないハーレーならこのくらいの仕上げでも長持ちするんですが、


今回は車両がSRなのでそうもいきません。 国産車特有の、例えばナンバープレートがビリビリいうような微振動と、

IMG_0952.jpg

あと物をこうやってツマむとわかるんですが、重量バランスが悪いステーは破損しやすいんで補強していきます。


ライトステーは丸見えの箇所なんでデザインも考えて

IMG_0953.jpg

なのでこんな形の板材を2枚


切り出し、

IMG_0955.jpg

ライトステーの左右に貼り付けて補強にしていきます


溶接です

IMG_0965.jpg


開先をとって熱がかかりすぎないように深くしっかり溶接していきます

IMG_0967_20190207192558662.jpg

溶接ビードが汚いでしょ? 箇所によっては裏側まで溶かし込んでいるからなんですよ


溶接ビードを仕上げても、しっかり強度を保つためです

IMG_0972.jpg

で、砥石のグラインダーで


溶接ビードをスムージング、

IMG_0973_20190207192946c8c.jpg


グラインダーの刃をペーパーサンダーに変えて

IMG_0979_2019020719320530d.jpg

中仕上げ、


切りっぱなしだった先端は、人が素手で触れてもケガしないくらいに

IMG_0978.jpg

柔らかく削ったデザインにしておきました。 このくらいまで仕上がれば


バフマシンを使って鏡面まで磨いていきますよ

IMG_0981_20190207193506fb2.jpg

材料にわざわざステンレス材を選んだのは、バフ研磨すればピカピカになって、その後サビないので、


メッキ屋さんに発送して返却を待たなくても、その日に組み付けまでできるからなんです

IMG_0985.jpg

早く終るとお客さんが喜んでくれるので、がんばってピカピカになるまで磨いていきます


鏡面まで磨きあげたら

IMG_0992.jpg

ボルトを用意して車体に組み付けです、、、


の前に

IMG_0963_201902072006007c4.jpg

佐々木さんどっか行ったなーって思ってたら、コーヒーと


からあげくんを差し入れてくれまして。

IMG_0964_20190207200548202.jpg

佐々木さん、いつもありがとでーす!!


で、組み付けの続き。 取り付けボルトのピッチにはカジり防止の

IMG_0990.jpg

アンチシーズを塗布しまして


車体に組み付けるとこんな感じ。

IMG_0994_201902071940057a5.jpg

磨き上げたステーにスプリングが写ってカッコいいでしょ?


ってことで車体の左側にまわってハーネス作業。

IMG_0995_201902071943318af.jpg

左右にハンドルを切っても、フロントフォークがボトムしても絶対に挟まない場所を選んで


配線の色は

IMG_0998_20190207194333822.jpg

2%ERの基準色、ロービームはブルー、ハイビームはイエローで、


差後の保護チューブに通して

IMG_0999.jpg

ハーネス作業をしていきます


万が一のトラブルの際にも、ガソリンタンクを外さずにアクセスできるように

IMG_1000_20190207195828e8d.jpg

スッキリと束ねれば、組み付け完了。


めっちゃ喜んでくれて

IMG_1005_201902072000282c8.jpg

写真を撮ってる佐々木さん


狭い作業場じゃなくって

IMG_1008_20190207200030b76.jpg

表に出して見てみましょうよ~ってことで


さっきの写真の状態です

IMG_1013_20190207222911bca.jpg


やっぱ角目2灯は

IMG_1016.jpg

独特の顔面になってカッコいいですよね


あとこの ○「 スクエアヘッドライト 」、 カッコよくってめっちゃ使いやすいです

IMG_1015_20190207222913f31.jpg

H3バルブでほどほど明るくリペアが効いて、今までに無い薄型なのでかなりカッコいです!


ってことでいつものツーパースタイルでみんなでお昼ごはん。

IMG_1018_20190207222915678.jpg

ライダースを着ているケイゴくんのことはまた改めて書いていきますね


ではではみなさんおやすみなさい


----------------------------------------------------------

【 2%ER ( ツーパーセンター )】

TEL/FAX ; 077-526-7016      MAIL ; kid2persenter@yahoo.co.jp

営業時間 ; 10;30 ~ 20;00   定休日 ; 水曜日

ホームページ ; http://2-percenter.com/   

WEBショップ ; http://2percenter.cart.fc2.com/

グッズ/アパレル ; http://2percenter.cart.fc2.com/?ca=18

カスタムギャラリー ; http://2-percenter.com/custom-bike/ 

フェイスブック ; 2%ER CUSTOM BIKE SHOP 
( https://www.facebook.com/pages/2er-Custom-BIKE-SHOP/304891882920263 )

インスタグラム ;  2persenter  ( https://vibbi.com/2persenter )

ツイッター ; @2persenter

YOUTUBE ; 2%ER JAPAN
( https://www.youtube.com/channel/UCuUc1IgCxPKoXZvaGjhnmsQ )

コンプリートカスタム ; http://2-percenter.com/complete-bike/ 

ユーズドバイク ; http://2percenter.cart.fc2.com//?ca=4

車検、整備、修理、ペイント、部分カスタム、フルカスタム、コンプリート車製作、

オリジナルパーツ製作、業者様OEMパーツ製作、加工下請け、通販、業販、遠方引取り/納車、、、

どんなことでも超お気軽にお問い合わせください

-----------------------------------------------------------




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

2%er

SR POSSIBILITY, Shiga Japan.

〒520-0024

滋賀県大津市松山町6-3

TEL/FAX 077-526-7016

営業時間 10:30~20:00

水曜定休

検索フォーム

Webstore

カテゴリ

月別アーカイブ


管理者