FC2ブログ
  • STD HARD-TAILSTD HARD-TAIL

    リジットフレームのような美しい三角形シルエットのハードテールコンプリート。リアショックを廃した 「 リジットライン ボルトオンハードテール 」 とシートレールのリジットライン加工により チョッパー/ボバー/トラッカーなどあらゆるビンテージスタイルをよりディープに制作できます

  • HARD-TAIL HARD-TAIL

    「 リジットライン ボルトオンハードテール 」 のリアセクションは その名の通りボルト、ナットにて脱着が可能。簡単にスイングアーム/リアショック仕様にも変更できるため、気になる車検も問題なくパスできます。

  • 2%er HARD TAIL 2%er HARD TAIL

    シートレール加工、リジットラインのボルトオンハードテールシンプル化したフレームでボバーとチョッパーの過渡期をテーマに製作した60’sスタイル

  • HARD TAIL BOBBER HARD TAIL BOBBER

    ボルトオンハードテールのSR400ボバー。 リアフレームをワンオフ、シートレールの加工でリジットフレームのようなきれいなラインに制作
  • B-Class-Chopper B-Class-Chopper

    2%ERのオーナーが自分用として仕事後や休日にコツコツ組んだオールドスクールスタイルのSR400

  • SPORTSTER SPORTSTER

    04以降、ストリート系カスタムに不向きなラバーマウントモデルをベースに 限られた予算内でバランスよく、ビンテージスタイルで仕上げたカスタム

  • CUSTOM PARTS CUSTOM PARTS

    SR400/500 シッシーバー(シーシーバー) ボルトオンキット
    ¥27,300-

    SR400/500 ミッドハイステップKIT ボルトオン
    ¥66,150-

  • 2percenter New HP 2percenter New HP
    ↑Click Link Here

SR400 持ち込みハードテールカスタム 京都 安藤さま① リジット チョッパー ボバー 滋賀 SR500

Category : SR カスタム

こんにちは


今年の2%ERは来年、再来年、もっともっと先のための変革の時期でもありまして,

自分の中でも勝負の年!( コレ毎年同じこと言ってますけどね笑 )

ぜんぜん満足できなかった去年の分まで、 裏側でもいろんなことをがんばってまーす


いつかいい成果を出して皆さんにお知らせしたいです!


続々と作業している整備に車検、中古車販売に日々のメンテナンス、WEBでの販売、

部分カスタム、フルカスタムのオーダー、事務仕事、商談、

若い子たちの人生相談なんかも精一杯がんばってますけどなかなか手がまわんないですね


でもこの車輌は順調に進んでいまして、もうそろそろ完成しそうですよ

IMG_0072.jpg


それでは製作過程をご紹介していきますね


オーナーは京都にお住まいの安藤さん。 最初に来てくれたのは年明けすぐでしたよ。

IMG_4956_20180520185713c01.jpg

安藤さんはね、 中古車屋さんでこのSR400を購入されて、


〇「 ギャラリー№ 161 SR500チョッパー 」 、この車輌の製作作業をしているときにご来店。

IMG_8360.jpg


そのときのブログがこちらです ) 


身長が180センチ越えの大柄な安藤さんは、ノーマルスイングアーム長のSRに乗られると

IMG_6680.jpg

こんなにバイクが小さく見えて、、、ごめんなさい、正直あまり似合ってないですね


「 窮屈で乗り心地もサイアク、ケツが痛くて疲れる。  二人乗りもしたいしリア周りを中心にもっとカッコよくして! 」

 ってオーダーでした。


この薄いシートにリジットサスのような硬さのショートサスだとクッション性ゼロ。 かなりしんどいです。

IMG_7978.jpg

ひと昔まえは、 このリアショックがいちばん車高が下がり価格も低くカッコいいものとされていたんですよ。


当時の流行は、

車体をよりコンパクトに見せるためにフロントフォークをローダウンすることも定番のメニューでしたが、

IMG_7979.jpg

こちらもクッション性がなくなり少しのギャップで跳ねやすく、危ないものだったんですよね


ボクもこの手のスタイルはで似たようなセットアップのカスタムは数えきれないくらい製作してきましたが、

やっぱり思うのは、スタイルがカッコよくって人目を引くようなすごい作業がしてあったとしても


「 乗りにくいバイクは長続きしないし、残らない 」 ってこと。


安藤さんには 「 乗り心地を最優先で! 」って伝えてもらってるんで、


今回もポジションやシートの角度、座面の広さ、シートスプリングの効き方に拘って造っていきますね

IMG_7977_20180521012742ac9.jpg

最初に気にするのはオーナーの身長とシート、ステップ、ハンドル、この3点のそれぞれの位置関係。

ほんと当たり前のことだけど、 スタイルも重視するカスタムバイクではおろそかにされることも多いですが、


窮屈なバイクはシートの座面を後ろにずらすだけでビックリするくらいラクになるんですよ


ってことでシートを後ろに下げるべく、 作業開始です

IMG_8220.jpg

もう2%ERの定番のメニューになりつつある


〇「 ”リジットライン” ボルトオンハードテールキット 」 を使用しますb5d142fad1dbe821b6d902ab482c3b58_201805182230377a9.jpg

大柄な安藤さんなので通常の5cm長いものではなく、13cm延長のロングハードテールで造っていきますね


これで着座位置がハンドルとステップから遠くなり、 長距離でもラクな姿勢になるんですよ


シートレールのパイプを

IMG_8222_20180521013429545.jpg


ピッタリ合うように擦り合わせて

IMG_8223_201805210134292e7.jpg


ガッチリ溶接すればフレームはひとまず完成です。

IMG_8224.jpg

これでシート位置をかなり後ろに取り付けできますよ


ローダウンしてあったフロントフォークは硬すぎて、 乗ってて楽しくないので

IMG_8226_20180521014203e1e.jpg


バラして、

IMG_8228.jpg


内部に仕込まれていたインナーカラーを取り外すことによってローダウンを解除。

IMG_8229_2018052101420571d.jpg

てか 、いつのフォークオイルなんだろう? バラしてよかったです。 オイル交換ですね。


で、着地しました。 フロントフォークのローダウン解除と、

IMG_8232_20180521015031ae4.jpg

リアのロングホイールベース化で、車体がかなり大柄になりましたよ。


連絡するとすぐに見にきてくれた安藤さん、

IMG_8231_20180521020034405.jpg

めちゃ喜んでいただけまして


どうしようか考えてワクワクしてもらってますの図

IMG_8233_20180521020036cd6.jpg

じゃあいっしょにゆっくり相談しましょう


ってことで

IMG_8235.jpg

いつもの打ち合わせの定位置へ。 ほんと狭くて汚い店でごめんなさい、、


今回は安藤さんのご予算やスタイル、2人乗りの条件などで

IMG_8236_20180521144650552.jpg

用意したのは1番使いやすいフラットフェンダー。


打ち合わせのためにフロント側のステーを製作して

IMG_8257_20180521151010bce.jpg

フェンダーを仮止め、


シート下はタンク取り付けベースと兼ねるフレーム補強や電装ボックスの取り付け、

IMG_8254.jpg

シートステー、シートスプリングステーはあとで位置変更がしやすいように仮り溶接、


で、実際にシートとシートスプリングを取り付けて

IMG_8253_20180521151343e99.jpg


位置あわせのために跨ってもらい、 ステップに足を置いて乗車姿勢をとってもらい、

IMG_8239.jpg

シートの取り付け角度や前後の位置などを微調整していきます。


2人乗りも条件だったので

IMG_8241_20180521164341808.jpg

ムサくるしすぎでしょ?  ボクも後ろに座って


シーバーの角度や

IMG_8252_20180521164500f0d.jpg

ピリオンパッドの位置を仮りあわせ。


車体全体の打ち合わせがほぼできたので、 この日はここまでです

IMG_8247_20180521165531289.jpg


次回のブログで完成できそうですね!


追記のブログはこちら


車体全体ではなく車輌持ち込みでのリア周りだけのハードテール化は作業が速いですよ


ほかお待たせ中の皆さまの車輌も どんどん進めていっています!!


またブログでアップするのでご覧になってくださいね~


ではではみなさんご機嫌よう



----------------------------------------------------------

【 2%ER ( ツーパーセンター )】

TEL/FAX ; 077-526-7016      MAIL ; kid2persenter@yahoo.co.jp

営業時間 ; 10;30 ~ 20;00   定休日 ; 水曜日

ホームページ ; http://2-percenter.com/   

WEBショップ ; http://2percenter.cart.fc2.com/

グッズ/アパレル ; http://2percenter.cart.fc2.com/?ca=18

カスタムギャラリー ; http://2-percenter.com/custom-bike/ 

フェイスブック ; 2%ER CUSTOM BIKE SHOP 
( https://www.facebook.com/pages/2er-Custom-BIKE-SHOP/304891882920263 )

インスタグラム ;  2persenter  ( https://vibbi.com/2persenter )

ツイッター ; @2persenter

YOUTUBE ; 2%ER JAPAN
( https://www.youtube.com/channel/UCuUc1IgCxPKoXZvaGjhnmsQ )

コンプリートカスタム ; http://2-percenter.com/complete-bike/ 

ユーズドバイク ; http://2percenter.cart.fc2.com//?ca=4

車検、整備、修理、ペイント、部分カスタム、フルカスタム、コンプリート車製作、

オリジナルパーツ製作、業者様OEMパーツ製作、加工下請け、通販、業販、遠方引取り/納車、、、

どんなことでも超お気軽にお問い合わせください

-----------------------------------------------------------


スポンサーサイト
Posted by 2%er on 20.2018   0 comments   0 trackback


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:https://2percenter.blog.fc2.com/tb.php/576-de3fc77e

shop information

LOGO-co.jpg CUSTOM BIKE SHOP
2%er(ツーパーセンター)
〒520-0024
滋賀県大津市松山町6-3
TEL/FAX 077-526-7016
営業時間 10:30~20:00
水曜定休

TOP

2%er


最新記事


最新コメント
Counter

Category

LINK
大きな地図で見る

検索フォーム

QRコード

QR