FC2ブログ
  • STD HARD-TAILSTD HARD-TAIL

    リジットフレームのような美しい三角形シルエットのハードテールコンプリート。リアショックを廃した 「 リジットライン ボルトオンハードテール 」 とシートレールのリジットライン加工により チョッパー/ボバー/トラッカーなどあらゆるビンテージスタイルをよりディープに制作できます

  • HARD-TAIL HARD-TAIL

    「 リジットライン ボルトオンハードテール 」 のリアセクションは その名の通りボルト、ナットにて脱着が可能。簡単にスイングアーム/リアショック仕様にも変更できるため、気になる車検も問題なくパスできます。

  • 2%er HARD TAIL 2%er HARD TAIL

    シートレール加工、リジットラインのボルトオンハードテールシンプル化したフレームでボバーとチョッパーの過渡期をテーマに製作した60’sスタイル

  • HARD TAIL BOBBER HARD TAIL BOBBER

    ボルトオンハードテールのSR400ボバー。 リアフレームをワンオフ、シートレールの加工でリジットフレームのようなきれいなラインに制作
  • B-Class-Chopper B-Class-Chopper

    2%ERのオーナーが自分用として仕事後や休日にコツコツ組んだオールドスクールスタイルのSR400

  • SPORTSTER SPORTSTER

    04以降、ストリート系カスタムに不向きなラバーマウントモデルをベースに 限られた予算内でバランスよく、ビンテージスタイルで仕上げたカスタム

  • CUSTOM PARTS CUSTOM PARTS

    SR400/500 シッシーバー(シーシーバー) ボルトオンキット
    ¥27,300-

    SR400/500 ミッドハイステップKIT ボルトオン
    ¥66,150-

  • 2percenter New HP 2percenter New HP
    ↑Click Link Here

SR400 リジットチョッパー制作 滋賀県Sくん① ワンオフマフラー

Category : 加工、ワンオフパーツ

こんばんは


今年もたくさんオーダーいただいているカスタムオーダー、

年明けからバリバリがんばっていますよ! 今年も忙しくなりそうです!


でもいっぱい撮ってた写真がはやくもどっかいっちゃいまして、

今日からご紹介するしょうたくんからオーダーのSR400カスタムはここから


IMG_9481.jpg


この車両、以前はこの ○「カスタムギャラリー№132」 のこの姿だったんですが、

IMG_5265_20190111225504a18.jpg

譲ってもらったしょうたくんから車検とリア周りのハードテール化のご依頼を頂き年明けから進めています


○「 SR400/500 ハードテールカスタムサンプルはこちら 」


もうすでにリア周りのハードテール化が完成して、

IMG_9485.jpg


シート下フレームも加工済み。ガソリンタンクやシートマウントも完成しています。

IMG_9489.jpg

シートはもともと取り付いていたものをスプリングマウントに加工しておきました。


サスつきのときに制作させてもらったリアフェンダーやシッシーバーもそのまま使いますよ

IMG_9486.jpg

リア15インチってのが渋いですよね! ホットロッドなタイヤが履けてうらやましいです


○「 フランダースタイプドッグボーンライザー 7/8インチ 」を使ったハンドルは

IMG_9487.jpg

以前に取り付けさせてもらったものを少し加工して取り付けしています


ヘッドライトはあえて大きめの ○「 ルーカスタイプ 」 に変更、

IMG_9490.jpg

ステンレスの手曲げライトステーで少し低めにマウントしました


いいバランスになってきたでしょ?

IMG_9482.jpg

この日はね、ワンオフのアップエキパイが完成したから外でバランス確認してたんです


もともとのマフラーのままだとリアのハードテール化で低くなりすぎて、地面に擦るから新しく造ったんです

IMG_9483.jpg


なんかここんとこ「各パーツの制作工程が見たい!」ってご依頼が続いたから、

今日は作業の写真や動画を撮っておきましたよ


今日はこの日のマフラー制作の様子を書いていきますね


普段使うエキゾーストの材料はスチール、ステンレス、チタン(ごくたまに)などなど、、、

制作方法は手曲げ、曲げパイプの継ぎはぎなどなど、、、


材料も制作方法もたくさんありますが、予算やデザイン、仕上がりの雰囲気などなど相談して

オーナー様のこだわりで制作していますよ


今回の材質はスチールで、曲げパイプの継ぎ足しで制作していきますね

IMG_9342.jpg


まず口金に使うのが、○「 ワンオフパイプ制作用エキパイフランジセット 」。 ¥3300-

340957a60aebd0467fd6b6c7224511c5.jpg

その名の通りのエキパイ制作用口金とフランジのセットです。


時間短縮のために立ち上げた商品ですが、ほんと便利で量産しておいてよかったです

IMG_9343.jpg

さっそく出口にセットして1曲げ目の曲げパイプを用意して仮りで固定、


で、次にくる曲げパイプと、延長用のストレートパイプを用意して

IMG_9345.jpg

( この時点で全体のレイアウトは決まっていますよ )


口をピッタリ合わせて

IMG_9346.jpg

外周に3点ほど点付けしてから


全周を溶接していきます。

IMG_9349.jpg


この溶接のときに気をつけるのが、溶かし込みの深さ。


パイプ継ぎ手のかなり初歩的な作業で、①のように継ぎ手部分をテーパーに削り、

IMG_9519.jpg


②のように表面を肉盛り、裏波が出るようにしっかり深く溶接します


特に微振動の多い国産車に有効な手法で、厚みの薄いマフラーやガソリンタンク、

フェンダーなんかの薄物溶接のときや、

断面積の厚みが大きく変わるときの強度を出すためによく使いますよ。


こんなふうにね、熱をかけすぎてオーバーラップしてマイナスにならないように

IMG_9348_20190112003216fdc.jpg

しっかり裏まで溶接していきます


で、このマフラーは溶接ビードをスムージングしてツルツルに仕上げていくので、

IMG_9350.jpg

ディスクグラインダーに46番の砥石をセットしてスムージング開始。


砥石の腹を当てながら、余分に削りすぎないようにパイプと水平方向に丁寧に均(ひた)していきます。 


動画じゃカンタンそうに見えるでしょ? 慣れると難しくはないんだけど、昔はたくさん失敗しましたよ

(この動画は1曲げ目の部分の仕上げです)


この砥石、46番とかなり荒い番手なんですが弾性があるのでめっちゃ面出ししやすいんですよ


IMG_9351.jpg


この砥石での仕上げ方、よく彫りすぎないの? って不思議がられるんだけど

ボクが仕上げたこの手のパイプ、継ぎ手がわかる人ほぼいないと思いますよ


で、次は60番のダブルアクションで均していきます

IMG_9353.jpg

さっきの46番の砥石が上手く当たっていると、


パワーの弱いダブルアクションでもすぐに仕上がります


蛍光灯の反射がしっかり一列に揃っているのがわかりりますか?


こんな感じで全周を仕上げていきます

IMG_9357.jpg


こんな感じかなー?って

IMG_9364.jpg

あてがいながら


後ろ側をタイラップで吊って

IMG_9371.jpg


仮りで固定しながら

IMG_9366_201901120054375a5.jpg


全体の位置決めをしていきます


今回はスタイル的に上から見たときのなるべく車体に寄ってるほうが

IMG_9368.jpg

カッコいいので、そのへんにも拘りながら


しっかり位置を出して本溶接。

IMG_9374.jpg


車体に取り付いていると、溶接トーチが入らなかった口金部分や

IMG_9378.jpg


マフラーの裏側もこの時点で全周しっかり溶接していきます

IMG_9375_20190112010230af0.jpg


溶接ビードをスムージングして

IMG_9381.jpg


もう一度車体に取り付けます

IMG_9382.jpg


斜め後ろから見るとこんな感じですよ。 これから取り付けステーを造っていきますね


用意したのは溶接加工用の ○「 ウェルドタブとトールナット 」 をひとつづつ

IMG_9387.jpg


こちらも制作時間の短縮のために量産している商品で、めっちゃ便利なんです


作業は ○「 ウェルドタブ6mm厚Mサイズ 」 の穴径の拡大から。

IMG_9388.jpg


ボール盤で穴径を拡大して


カウンターシンクっていう面取りドリルでバリを除去、

IMG_9394.jpg


2%ERに来てくれたことがある人は見たことありますよね?

IMG_9396.jpg

工場のいちばん奥にある 「 ケトバス 」 っていう機械、


このケトバシにV字型の溝を切ったメス型をセット、

IMG_9397.jpg


自作の簡易的なオス型で曲げ加工していきます

IMG_9401.jpg


足元のペダルをケトバセば、1秒で90°曲げの加工が完了、

IMG_9409.jpg


エキパイに沿うようにもうひと曲げして、トールナットとセットします


エキパイ側にウェルドタブ、フレーム側にトールナットを溶接してボルト留めするステーなんですが、

IMG_9415.jpg


この6mm厚のウェルドタブと1.2mm厚のエキゾーストパイプ、このまま直に溶接すると、

振動の多いSR400/500ではほぼ確実に2年以内に割れてきます


なのでここで軽い細工、

IMG_9421.jpg


エキゾーストパイプに沿うように、

IMG_9422.jpg


切り出した正方形の鉄板をアール加工、

IMG_9423_2019011322225352d.jpg


ピッタリとエキパイに沿うように加工して、このプレートを溶接します


全周を溶接せずにスキマをあけているのは、手抜きじゃなくって振動対策なんですよ

IMG_9429.jpg


断面積が大きく変わる箇所や強度、耐久性がいる動体、振動がたくさんかかる箇所の継ぎに

用いる ザブトン や パッチ と呼ばれる補強方法なんです


このパッチに対してウェルドステーを溶接することで、長く使える耐久性が出るんですよ

IMG_9431.jpg


準備ができればようやくステーを溶接できます


トールナットはフレーム側、

IMG_9435.jpg


ウェルドタブはエキパイ側に。 進行方向に対して直角の溶接はなるべく避けてくっつけていきますよ

IMG_9441_201901132229535ca.jpg


これで耐久性バッチリです!


で、もういちど仮り組みすれば

IMG_9442.jpg


マフラーまわりの加工物は完成、、、と思いきや


キックペダルがヒットしますね。 折りたためなくなっちゃってます

IMG_9443.jpg


なのでキックペダルをバイスに咥えて

IMG_9446.jpg


曲げ加工、

IMG_9447_20190113223343462.jpg


アツアツのまんまでも車体にあてがってクリアランスを微調整していきます

IMG_9450.jpg


しっかり折りたためる位置までオフセットできれば

IMG_9451.jpg


グリスアップして車体に組み付ければひとまず加工物は完成

IMG_9454.jpg


この曲げパイプを繋いでいく制作方法は、超アナログな手法ですが、

すこしの機材で制作でき、デザインの自由度が高く、途中でデザイン変更もしやすい手軽な造り方です


IMG_9453_20190113223814739.jpg


だいたいデザインが決まっていてメッキじゃなくって耐熱ブラック仕上げであれば、

車両を持ち込んでもらえれば半日~3/4日で完成して乗って帰っていただけます

( 要予約、¥50000~ )


お問い合わせはこちらまで⇒ kid2persenter@yahoo.co.jp


このようなドラッグパイプならエンドに ○「 ローパスバッフル 」 を仕込むのもいいですね

5b68082f455f0689a4a818dea02.gif  





○「 ローパスバッフルのインスタグラムレビューはこちら 」


○「 ローパスバッフルの詳しい説明はこちら 」



IMG_9482_20190113225119aac.jpg


IMG_9483_2019011322512011d.jpg


ってことでしょうたくんのハードテールSRはただいま車検整備、車検準備中


明日もがんばりまーっす!


みなさんは連休楽しんでくださいね



----------------------------------------------------------

【 2%ER ( ツーパーセンター )】

TEL/FAX ; 077-526-7016      MAIL ; kid2persenter@yahoo.co.jp

営業時間 ; 10;30 ~ 20;00   定休日 ; 水曜日

ホームページ ; http://2-percenter.com/   

WEBショップ ; http://2percenter.cart.fc2.com/

グッズ/アパレル ; http://2percenter.cart.fc2.com/?ca=18

カスタムギャラリー ; http://2-percenter.com/custom-bike/ 

フェイスブック ; 2%ER CUSTOM BIKE SHOP 
( https://www.facebook.com/pages/2er-Custom-BIKE-SHOP/304891882920263 )

インスタグラム ;  2persenter  ( https://vibbi.com/2persenter )

ツイッター ; @2persenter

YOUTUBE ; 2%ER JAPAN
( https://www.youtube.com/channel/UCuUc1IgCxPKoXZvaGjhnmsQ )

コンプリートカスタム ; http://2-percenter.com/complete-bike/ 

ユーズドバイク ; http://2percenter.cart.fc2.com//?ca=4

車検、整備、修理、ペイント、部分カスタム、フルカスタム、コンプリート車製作、

オリジナルパーツ製作、業者様OEMパーツ製作、加工下請け、通販、業販、遠方引取り/納車、、、

どんなことでも超お気軽にお問い合わせください

-----------------------------------------------------------



スポンサーサイト
Posted by 2%er on 12.2019   0 comments   0 trackback

XS650 フルカスタム制作日記 富山県 Mさま② 2%ER 滋賀

Category : 加工、ワンオフパーツ

こんばんは


今日は以前に書きましたね、 しばらく前でしたけど憶えてもらえてますかね?


富山県の松森さんから車輌持ち込みでカスタムオーダーいただいているXS650の続きです


〇「 前回の打ち合わせのブログ 」 では

IMG_4615_201804041059015a6.jpg

外装を仮り置きして、 こんな風に造っていきましょう! ってところまで決まってまして。


それぞれの外装類を取り付けしていく前に、 


ゴロリン

IMG_5543.jpg

松森さーん、 ビックリしないでくださいね、 ちゃんと養生して転がしてますよ。


何してるかってーと、 車高が低くなりすぎたんでサイドスタンドの受けを移設して

IMG_5545.jpg

角度を変える作業をしてるんですよ。 バイクを寝かせて溶接機が届かない裏側をガッチリ溶接してるんです。


どうせだったらカッコいいものにしたかったんで

IMG_5544.jpg

トライアンフのサイドスタンドを流用しておきまーす


今までバイクがしっかり自立してくれなくって、 出し入れのときもタイヘンだったので

IMG_5547.jpg

これにてやっと独り立ちしてもらえます。 安心。


ではでは外装類の取り付けなんですが、、、

バタバタしてて作業の写真をぜんぜん撮ってなかったですね


写真を撮っていたのは、 シーシーバーを曲げているこの1枚のみでした。

IMG_7226_20180404112226a59.jpg

すでにリアフェンダーやシッシーバー、 シートなんかは車体に取り付けていて


この日は朝からマフラーの制作作業です。 

IMG_7282.jpg

まずは根元の口金の製作。


レイアウト、ある程度お任せだったので かなり悩みましたけどこんな取り回しでいきますね。

IMG_7287.jpg

エンジンの前側で2本のエキパイを集合させる2in1を造っていきます


横から見るとこんな感じ。 右側に向かって流れていくようなレイアウトです

IMG_7286_20180404113634dcd.jpg

ボクはあまり仕事ができるタイプではないので (めっちゃ自覚しいてますよ)


作業してるとどんどん散らかっていきますね。 もう床がグチャグチャ、、、


当面の自分への課題なんですが、 もっと段取りよく仕事しなくちゃですね。

IMG_7290_20180404121512cb8.jpg

で、サイレンサー手前までのエキパイを継ぎ足してサクサク進めていきます


用意していたインディアンチーフのレプリカマフラー、 このサイレンサー、かっこいい。

IMG_4612_201804041223433c7.jpg

世間知らずのボクですが、まだあまり見たことないんで取り付けるの楽しみです。


当初の打ち合わせの通りに

IMG_7298.jpg

こんな位置で取り付けしましたよ


2in1エキパイはこんな感じで

IMG_7300.jpg

古いレーサーみたいな取り回しにしてみました


マフラー制作作業の途中に、 ミッドハイステップのベースも製作しておきましたよ。

IMG_7303.jpg

もちろんオーナー松森さんの背丈に合わせたステップ位置でね。


この日の作業はここまででしたが、

あとはエキパイやサイレンサーの取り付けステーを製作すればマフラーは完成ですね

IMG_7304_20180404122917d4d.jpg

どんなステーにしようか悩んでます


他の部分もね、 ガソリンタンクは分割の指定なんですが、 ひとまずここまでにしておきます

IMG_7301.jpg

こちらもどんな分割デザインにするか考え中。

小さいタンクなので容量確保のために分割に見せかけた分割じゃないやつってのもいいかなー?


シートとピリオンパッドはすでに取り付けしてありますよ

IMG_7302_20180404123105055.jpg

最近よく使うセット、


〇「 ナローベーツレプリカ ソロシート/ピリオンパッドセット 」 です。

1761251e2a65239a9efb3d341ee442cb_20180404123746a82.jpg

すこし細長いこのタイプが、 XS650にはよく似合います


シーッシーバーはビンテージを模して製作。 スペードタイプです。

IMG_7305_201804041238486c3.jpg

だいたいの高さをお聞きして、デザインはお任せだったんでこんな感じで造りました


ひとまずXS650はここまで


また時間をつくって進めていきますね


松森さん、 いつも楽しみに待ってもらってありがとうございます!

もうすこし進んだら打ち合わせしましょ~


もっかい次の日にひろいところで撮った写真、アップしておきますね~

IMG_7335.jpg


IMG_7336.jpg


IMG_7334.jpg


IMG_7337.jpg


IMG_7338_2018040521083327d.jpg


IMG_7339_201804052109249e5.jpg


IMG_7340.jpg


IMG_7341.jpg


ではでは今日はこのへんで。


みなさんおやすみなさい


----------------------------------------------------------

【 2%ER ( ツーパーセンター )】

TEL/FAX ; 077-526-7016      MAIL ; kid2persenter@yahoo.co.jp

営業時間 ; 10;30 ~ 20;00   定休日 ; 水曜日

ホームページ ; http://2-percenter.com/   

WEBショップ ; http://2percenter.cart.fc2.com/

グッズ/アパレル ; http://2percenter.cart.fc2.com/?ca=18

カスタムギャラリー ; http://2-percenter.com/custom-bike/ 

フェイスブック ; 2%ER CUSTOM BIKE SHOP 
( https://www.facebook.com/pages/2er-Custom-BIKE-SHOP/304891882920263 )

インスタグラム ;  2persenter  ( https://vibbi.com/2persenter )

ツイッター ; @2persenter

YOUTUBE ; 2%ER JAPAN
( https://www.youtube.com/channel/UCuUc1IgCxPKoXZvaGjhnmsQ )

コンプリートカスタム ; http://2-percenter.com/complete-bike/ 

ユーズドバイク ; http://2percenter.cart.fc2.com//?ca=4

車検、整備、修理、ペイント、部分カスタム、フルカスタム、コンプリート車製作、

オリジナルパーツ製作、業者様OEMパーツ製作、加工下請け、通販、業販、遠方引取り/納車、、、

どんなことでも超お気軽にお問い合わせください

-----------------------------------------------------------



Posted by 2%er on 04.2018   0 comments   0 trackback

XS650のこと

Category : 加工、ワンオフパーツ

こんばんは

今日はXS650のこと書いてみますね。


○「 去年の12月のブログ 」 に少しだけ書いていた、このXS650のカスタムのことです


何年か前にオーナーの山本くんと何度も何度も打ち合わせして、かなりボクの拘りも入れさせてもらったお気に入り。

008_201702232222344a6.jpg

〇「 カスタムギャラリー #75 XS650 」 です。


今回はこの車輌をサイドナンバー対策と、レーサースタイルからチョッパースタイルに振りたい! ってオーダー。


オーナーの要望は 「 悪く 」 と 「 キャンプツーリング 」のみ。


今までのいろんなやりとりで信用してくれているのか、予算を伝えてもらってほぼお任せいただきました。


で、仕上がりはこうなりましたよ。 カッコいいでしょ?

IMG_4064.jpg

このXS650はこちら ⇒ 〇「 カスタムギャラリー #131 」 にアップしています。


ではでは制作過程をご紹介です。


もちろん各作業の前後にラインでやりとりさせてもらいましたけど、やっぱお任せは楽しいです!

IMG_3023.jpg

あんまり写真を撮ってなかったんだけど、リアフェンダーから。 裏側ですね。


これは20’sFORDのスペアタイヤカバー。  大事に秘蔵してたけど、山本くんのためにおろしました。


「 しばらく前に行ったカリフォルニア 」で見つけてきたものです

IMG_3025_20170224225828000.jpg

60’sスタイルのチョッパーやボバーには外せないやつですね。  あーん、自分のが無くなっちゃった、、、


人気で貴重なものだけど、ペラペラに薄くて国産車の微振動には絶対に耐えられないので、

IMG_3026.jpg

裏側に補強いっぱい足しました。 後の整備がラクなように配線止めもくっつけときましたよ


リアフェンダーの加工が落ち着いたらシッシーバー。

IMG_3030_2017022422583032e.jpg

ありそうで無いデザインで、ガキくさくなく当時を感じるようなもの、、、


けっこう悩みましたけどこんな感じに。 

IMG_3032_20170224230925165.jpg

形が決まれば造るのは時間かかんないんですけどね。  


んでヘッドライトです。 これも個人的に持ってたヘッドライト。

IMG_3745.jpg

ライトステーつくって


取りつけするボルトには、

IMG_3753.jpg

パンヘッドって呼ばれるボタン頭のマイナスボルト。


新商品として用意した 〇「 クラシカル マイナスボルトセット ミリ企画 」 です。

c9d8419b9a67a4cb00b3487adfdda5c4[1]

手に入りにくいパンヘッドボルトを小分けで各サイズご用意しました。


カスタムが進んでいくと、取りつけボルトにもこだわっていい雰囲気に仕上げたいですもんね

IMG_3757.jpg

なので今回はユニクロメッキのボルトのアタマをスコッチブライトでこすってツヤ消しに。


左が施工後、右が未処理です。

IMG_3756.jpg

写真で雰囲気わかりますかー? ツヤが引いてカッコよくなってるんですよ


で、組み付け。

IMG_3038.jpg


フェンダーとシーバーも仮組み。

IMG_3034.jpg

このへんの作業をしながら


ずっと悩んでいたハンドルなんですけど

IMG_3519.jpg

とりあえずハンドル外して、


この真鍮のライザーもよかったんですけどね。

IMG_3520.jpg

今回のカスタムの雰囲気に合わないから、このライザーはボツ。


用意したのは継ぎはぎして造ったドラッグバーと

IMG_3524.jpg

スポーツスターのリアフレームを加工したときに切断したフェンダーストラット。


ストラットをライザーにして、こんな感じどうでしょう?

IMG_3521.jpg

って山本くんに提案したんだけど、、、あえなく却下となりました。


機械感があって、他人とカブらなくって。 このバイクに似合ういい案だと思ったんですけどね 

IMG_3523.jpg

ボツならしょうがないですね。  うーん、ちょっと考えなおします。  


でもすぐにはいい案を考えられなかったので他の作業。

IMG_3528.jpg

大きかったシートベースをチョッパーらしく小さめにカット。 


まだハンドルが決められないから、先にフェンダーとガスタンクのペイントしときました。

IMG_3742.jpg

ペイントがヘタなボクでして、いつも外注させてもらってるんだけど


今回は山本くんの強い希望でボクがお任せで塗ることに。


エイジングのベースペイントは 〇「BACON 」 に教えてもらいながら。

IMG_3743.jpg

グラデーションは悩んだ末にこんなパターンにさせていただきました。


カッコよくなりすぎないように、主張しすぎないように。 


ダサカッコいい雰囲気で塗ってみたんですけど、

IMG_3766.jpg

組み付けるとこんなんです


いい感じに主張してなくって

IMG_3775.jpg

ダサカッコよくって。  狙い通りの雰囲気に塗れてうれしいです。


ボク仕事は超セッカチで、ペイントには向かない性格なんですけど、

IMG_3776.jpg

たまに塗って、それが思い通りに仕上がると楽しいもんですね。


フェンダーのペイントは

IMG_3788_20170225003901311.jpg

目立たないように左側にすこしだけ。


ちょっとチャレンジな色でグラデーションをつけてみましたけど

IMG_3793.jpg

雰囲気よく、いい感じに仕上がったって思ってます。


悩みまくったハンドルは

IMG_3772.jpg

フランダースタイプのライザーにドラッグバー。


新品だけどエイジング加工してから組み付けました。

IMG_3773.jpg

継ぎはぎのハンドルもいい感じ。


ヘッドライトとライトステーも

IMG_3770.jpg

違和感なくまとまってくれたし


シッシーバーはユルめのアールで、ちょっと悪っぽいデザイン。

IMG_3785.jpg

これでキャンプツーリングに行けますね。 テールランプは山本くん持ち込みのものを取り付けました。 


そのうち、このマフラーを

IMG_3779.jpg

アップスイープにすればもっとカッコよくなるだろなーって思ってます


ってことで今回はここまで。

IMG_3767.jpg

一度完成させたバイクのリメイクって纏めるのが難しいですけど、いい感じでしょ? お気に入りデス!


山本くん、楽しい仕事でした! いつもありがとね~!!

IMG_4490.jpg


なんかここんこ動画がうまく貼れないなー、 なんでだろ? 誰かわかる人おしえてくださーい


( 納車時、山本くん走っていくときの動画です ⇒ https://youtu.be/B-zD6uRBa7M )








んで同時進行していたXS650をもう1台。


以前に状態の良いXS650をご購入いただき、今回は車検に合わせて追加カスタムのご依頼でした。

IMG_2789.jpg

これ外装を仮組みして、打ち合わせしてるときです


福井県の大野さんの車輌です

IMG_2788.jpg

候補になったのはハーレーアエルマッキのガスタンクや


デッドストック、ディキシーのソロ、ピリオンパッド。

IMG_2790.jpg

いろいろ話し合って、


以前に制作させてもらったこの車輌、 

221_201702260926271e6.jpg

〇「 #53 ストリートスクランブラー XS650 」 


2%ERでの次の新しいスタイルとして発表しようと思ってる、

204_20170226092629cd2.jpg

こんなスタイルを提案させてもらったんですけど、大野さんはすこし違ったようで。


( ストリート/チョップド スクランブラースタイルのデモ車SRを4月のJOINTSで発表したかったんですが、もうムリっぽい、、、 。 

バタバタしすぎてデモ車どころじゃなさそうです。 造りたかったなぁ)


大野さんと、さらにいろいろ話し合った結果、

IMG_2794.jpg

バナナタンクに近い形状のものがお好みだってことで、せっかく遠方から来ていただいたんで


車体に仮り組みして、目の前で見てもらえるように。 サクサク作業していきます。

IMG_2795.jpg

まずはピーナッツタンクを左右にカット、


前側の幅を狭くして

IMG_2797.jpg

ひとまずこのまま溶接です


んでね、左手に持ってる鉄板わかります?

IMG_2798.jpg

こんなの。 鉄板を丸めたモノを造って


今度はさっきのタンクを前後にカット。

IMG_2800.jpg


さっきの鉄板を前後に挟んで

IMG_2802.jpg

溶接すれば


ロングピーナッツとバナナタンクの間みたいな形のガスタンクになります。

IMG_2808.jpg

大野さんが居てくれてる間に仮り組みまでできて、


コレで行こう! ってGOサインをもらえたので採用です。

IMG_2811.jpg

フォーク幅に合わせてスリムに制作しました。


もうすこし取りつけ位置を整えれば

IMG_2814.jpg

カッコよく仕上がりそうですね


てことで、 〇「 2%ER XS650 車検整備 」 を終わらせて、

( 車検のリンクはめっちゃ手抜きで書いてますけど、もっと詳しく深く整備してますよ )

IMG_4434.jpg

タンク底板製作やマウント、板金、ペイント、シート取りつけが終わって試乗です。


今回の仕上がりはこんな感じです。

IMG_4405.jpg

シートはディキシーをボツにして


大野さんが送ってきてくれたシカゴのシートを取りつけました

IMG_4412.jpg


カッコいいですね!

IMG_4425.jpg


ではではこのXS650カスタムをちょっとご紹介。

IMG_4414.jpg

まだカスタム途中ですけど、いい雰囲気になってきて乗りやすくってカッコいいです。


最終は後ろ半分をハーレの4速フレームと合体させるのが目標! いつかできるといいですね!


ヘッドライトは 〇「 スポーツスタータイプヘッドライトキット 」

IMG_4416.jpg

ボディーが大きく、配線やカプラー類がたくさん入って纏めるのがめっちゃラクです。

車検に通る明るいライトで2%ERのオススメですよ。 XS650SPLにもカンタンボルトオン装着です。


ハンドルは以前にワンオフ制作したものです。 ステンレスで手曲げしたハイドラみたいなハンドルバー。

IMG_4422.jpg


ベースバーもステンレスでワンオフ。 ドッグボーンライザーでマウントしました。

IMG_4419.jpg

ちょっとしたポイントは


この 〇「 ハンドルポスト オフセットカラー 」 でベースバーの幅を狭くして

74ea2ebbb0f5e31307a08471fe599096.jpg

ドッグボーンの取りつけ幅を狭くしてること。 もともとSRやXSはハンドルの取りつけ幅が広くって、

この手のハンドルを立ち上げるとカッコワルいんですけど、これだけで見た目がめっちゃカッコよくなりますよ。


レバーはショベルタイプ。

IMG_4420.jpg

グリップはNICEさんのものです。


ピーナッツを加工したワンオフタンク。 仕上がりはこんなの。

IMG_4423.jpg

もちろんラバーマウントで安全に取りつけしましたよ


横から見るとこんな感じです。

IMG_4424.jpg

ビンテージっぽく、ありそで無い感じ。 いい感じの丸みに仕上がりました。


テールランプはDUOテール。  あ、このテール、まだ 「 WEB STORE 」 に掲載してなかったですね

IMG_4427.jpg

もともと好きなテールランプだけど、


この4月にもっと厳しくなりそなナンバー法の改正で今後ますますお世話になりそなテールです。


ローダウンリアショックには、

IMG_4428.jpg

ハーレの丸っこいロケットカバーを加工取りつけしています。


マフラーはノーマルのエキパイに

IMG_4430.jpg

自信作の 〇「 ステンレス トランペットマフラー 」 の組み合わせ。 いい音しますよ!


で、納車させていただきました。

IMG_4448.jpg

大野さん、いつも遠くからありがとうございます!!

手こずりましたが、吹け上がり不良も解決できてよかったです!


XS650の点火、リプレイス品は高価でロクなものが無いし初期不良の保障もなしで、

IMG_4602.jpg

過去に何度も困らされました。 


XS650、乗ってて楽しくカッコいいバイクでボクも好きなんですけど、後の修理に困ることを思うと、

欲しい! ってお客さまにもなかなかオススメできなくなってしまいました、、、


この純正のCDIがもう手に入らないんですよね。 他にもいろいろ部品がなくっていつも修理に困ります。


ってことで新たなチャレンジとして、勉強しながら、リプロCDIを開発したいと思っています。

IMG_4604.jpg

ありがたいことに、大きな電子機器の工場が助けてくれるんですって。


品質、価格、初期ロット数などなど課題はたくさんあるから失敗して発売できないかもですが


チャレンジしてみますね。 うまくいくといいなー


ではではみなさん今週も、おたがいがんばりましょう!


----------------------------------------------------------

【 2%ER ( ツーパーセンター )】

TEL/FAX ; 077-526-7016      MAIL ; kid2persenter@yahoo.co.jp

ホームページ ; http://2-percenter.com/   

カスタムギャラリー ; http://2-percenter.com/custom-bike/ 

フェイスブック ; 2%ER CUSTOM BIKE SHOP 
( https://www.facebook.com/pages/2er-Custom-BIKE-SHOP/304891882920263 )

インスタグラム ;  2persenter  ( https://vibbi.com/2persenter )

ツイッター ; @2persenter

YOUTUBE ; 2%ER JAPAN
( https://www.youtube.com/channel/UCuUc1IgCxPKoXZvaGjhnmsQ )

コンプリートカスタム ; http://2-percenter.com/complete-bike/ 

ユーズドバイク ; http://2percenter.cart.fc2.com//?ca=4

車検、整備、修理、ペイント、部分カスタム、フルカスタム、コンプリート車製作、

オリジナルパーツ製作、業者様OEMパーツ製作、加工下請け、通販、業販、遠方引取り/納車、、、

どんなことでも調お気軽にお問い合わせください

------------------------------------------------------------




Posted by 2%er on 23.2017   0 comments   0 trackback

ワンオフライトステー

Category : 加工、ワンオフパーツ

こんばんは


すこしだけ時間ができたので今日はブログ書きますね


手曲げとか造り方なテクニカルなことです。 


この 〇「 #118 SR500 ハードテールレーサー 」 のヘッドライトステーです。

IMG_2538.jpg

コレが今回造ったやつ


以前まではこんな感じ。  てかこのSR500のカスタム、やっぱカッコいい! めちゃお気に入りです!

IMG_7497.jpg

でもエンジンフルチューンで振動がすごく大きいこのSR、


以前は 〇「 オールドベーツタイプ サイドマウントライトキット 」 だったんですが

4d736bab7cc99419cdecd29aa1ba112e.jpg

なんと今回、 この4.5ミリ厚の取り付けステーがフルチューンの振動で折れました、、、


造り手として大恥です。  いくら振動の大きいエンジンでも想像できませんでした。 


いままで、特にライトステーは量産品、ワンオフ制作品を合わせて1000台以上は造ってきたんですが


過去に折れたこと無かったのに、、、。  オーナー藤居くん、怖い思いをさせてごめんなさい、、



材料や厚み、加工のしかた、ライトの重量バランスに対する持ち方や方向、いろんなこと考えてたくさん造ってきて。

ある程度の自信はあったんですけどね。   やっぱりまだまだ精進あるのみです!


ちなみにマメ知識なんですけど、初期型のSR500は特に振動が多いですよ。


コレ、普通の500やSR400なら間違いなく折れないと思いますけど、今回みたいなコトもあるので

造り手のみなさん、お互い気をつけて作業しましょう



ってことでライトステーの制作過程です。


今回取りつけるヘッドライトはコレ。

IMG_2501.jpg

ルーカスタイプのアンメーターつきヘッドライトです


レンズの丸みとボディー上面のアンメーターとスイッチが特徴的で

IMG_2502.jpg

すこし重みがありますが、カッコいいヘッドライトで藤居くんのSRに似合うって確信!


取りつけステーを造るために

IMG_2472.jpg

ステンレスのパイプを切り出して


ガスで炙って

IMG_2474.jpg


でっかいパイプを切って用意した型に合わせて

IMG_2478.jpg


手曲げしていきます

IMG_2481.jpg


端っこをプレスで潰して

IMG_2485.jpg


ひとまずこんな感じ。

IMG_2487.jpg


んで次は長年使ってるこの道具たちの出番。

IMG_2488.jpg


平べったく潰した部分に、ボール盤でヘッドライト取り付け用の穴あけて

IMG_2490_201702212356205b3.jpg


ベルトサンダーで

IMG_2493.jpg


カドを面取り。

IMG_2497.jpg


カドを丸っこく仕上げて

IMG_2498.jpg

英車の雰囲気に仕上げていきます


んで似たようなものをもうひとつ。

IMG_2505.jpg

オーダーはガスで焼きっぱなしの仕上げだったのに、いつものクセで磨いてしまった右側のステー。


あとで炙りなおしました、、、。  バカですね。 段取り悪し!


この右側のUの字型の取りつけステーでヘッドライトを下側から支え、

IMG_2507.jpg


左側のUの字ステーは補強のためにヘッドライトの上側に廻しました。

IMG_2508_201702220001540cd.jpg

でもこの上側のステー、どうやって車体に取り付けて補強にしようかな? って。


素直にトップブリッジからステーを取るとデザインが悪いし、、、いろいろ考えて

IMG_2511.jpg

ステンレスのパイプをふたつ切り出して


IMG_2540.jpg

こんなふうに組み合わせて溶接。


メインパイプにはデザインでドリルド加工。

IMG_2542.jpg

スリットを入れてボルトで締めこむ、フロントフォークにスライド式の取り付けステーの制作なんです。


んでね

IMG_2543.jpg

〇「 ステンレス製の溶接用タブ 」 を用意して


このパンチャーって機械で

IMG_2545_2017022200082716e.jpg


曲げまして。 あ、パンチャーだけど型を造って、曲げに使ってるんです。

IMG_2554.jpg

んで曲げたこのタブを


ヘッドライト上側の

IMG_2560.jpg

補強パイプに溶接。


溶接のスキマを空けているのは振動避けの対策です

IMG_2561.jpg

こーゆー箇所ってあんまりガッチリ溶接せずに、振動を逃がしたほうが耐久性が上がるから。


ってコトで

IMG_2568.jpg

さっきのフォーククランプのパイプステーと組み合わせるとこんな取りつけになりました。


コレ後ろから見た写真なんですけどわかりますでしょうか?

IMG_2567.jpg


てな感じで配線して組み付ければ完成です。

IMG_2538_20170222002000b44.jpg

我ながらシンプルだけどデザインできて、人とカブらなくってカッコいい!


バイクって、ヘッドライトの大きさや取り付け位置で大きく雰囲気が変わるので

IMG_2535.jpg

拘って造ることが多いです


今回は、大きさも取りつけステーの雰囲気も、バッチリこの車輌に似合うように

IMG_2537.jpg

制作できたと思います。  もちろん耐久性の相当考えて制作しました


ずっと長く、楽しく、安全に、乗ってもらえるように

IMG_2536.jpg

自信を持たずに毎日考えながら。


今回はすこしヘコみましたけど、また努力していきます

IMG_2539.jpg

てか作業のことって、造ってるときはけっこう苦労してるんですけどブログで書くとすごく速いですね。


まだまだいっぱい写真があって、コレは去年のこと。


また時間あるときいっぱい書きますね


ではではみなさんおやすみなさい


----------------------------------------------------------

【 2%ER ( ツーパーセンター )】

TEL/FAX ; 077-526-7016      MAIL ; kid2persenter@yahoo.co.jp


ホームページ ; http://2-percenter.com/   


カスタムギャラリー ; http://2-percenter.com/custom-bike/ 


フェイスブック ; 2%ER CUSTOM BIKE SHOP 
( https://www.facebook.com/pages/2er-Custom-BIKE-SHOP/304891882920263 )


インスタグラム ;  2persenter  ( https://vibbi.com/2persenter )


ツイッター ; @2persenter


YOUTUBE ; 2%ER JAPAN
( https://www.youtube.com/channel/UCuUc1IgCxPKoXZvaGjhnmsQ )


コンプリートカスタム ; http://2-percenter.com/complete-bike/ 


ユーズドバイク ; http://2percenter.cart.fc2.com//?ca=4


車検、整備、修理、ペイント、部分カスタム、フルカスタム、コンプリート車製作、

オリジナルパーツ製作、業者様OEMパーツ製作、加工下請け、通販、業販、遠方引取り/納車、、、

どんなことでも調お気軽にお問い合わせください

------------------------------------------------------------





Posted by 2%er on 22.2017   0 comments   0 trackback

SRのフレーム加工とか

Category : 加工、ワンオフパーツ
こんばんは

今日のブログは加工のことですよ

最近作業させてもらったいろんな加工をアップしてみますね

2%ERでは毎日の作業の1例ですが、あんなこともできるかなー?こんなことできないかなー?なんて方、
ゼヒお問い合わせくださーい

もちろんSR以外の車輌でもOKですよ




まずはSRのボルトオンハードテールの加工例。

015_20150322201833fe1.jpg

このハードテールは大阪の GOODS さんの製品です

SRのノーマルフレームにボルトオンでリジットフレームっぽいきれいなラインにできる画期的な製品なんです


今回はフルカスタムのオーダーをいただいたお客さまに取りつけるんですが、
017_20150322201835799.jpg
すこし手を加えて、よりキレイなリジットラインになるように加工していきますね

まずは後ろから見た幅なんですが、ノーマルフレームへのボルトオンキットって兼ね合いで、
018_201503222018365c0.jpg
上に向かってハの字に広がってるハードテールをまっすぐ並行に立ち上がるように加工します

ハードテールの上側先端に、
020_2015032220183760f.jpg
こんなジグを造って絞っていきます

パイプをあぶって
023_201503222018392c2.jpg
ボルトを締めていくと幅が狭くなっていくっていうカンタンジグなんですよ

リアアクスルのピボットは、熱による歪みでネジれが出ないよう幅合わせのジグを噛ませておきます

ってコトで絞っていきます
030_2015032220305736a.jpg

ゆっくり炙りながら
031_2015032220305984a.jpg
パイプに負担をかけないようにボルトを締めて、

右側も絞って、
034_201503222031001d6.jpg
常温で冷まして各寸法を確認すれば幅合わせは完了、


でも今回は幅合わせだけじゃなくって、

このくらいのきれいなストレート、
035_201503222031023b5.jpg
リジットフレームに見えるラインにしたいんで、

もうひと細工。
039_201503222031032df.jpg
左右のパイプを均一に炙りながら、緑のタイダウンを絞っていくんです

狙いの寸法まで曲げたら
043_20150322203906a3e.jpg
各部採寸して歪みを取ります。

047_20150322203908387.jpg
ここからちょっと写真撮ってなかったんですが、

加工したハードテールに合わせて
050_201503222039102c3.jpg
シートレールを制作すれば

ボルトオンパーツの加工品とは思えない
046_20150322203912b4e.jpg
リジットフレームのようなきれいな3角形が完成。 
こんなシルエットなら、いままでできなかったカッコいいスタイルがいっぱいできそう!

もちろんスイングアームとリアショックを取り付けて車検にも対応できますよ

今回はオーナー様のご要望でフロント19インチ、 〇「 リア16インチ 」 化。
よりチョッパーらしいシルエットになりました

メインフレームからリアアクスルまで
047_201503222044394e7.jpg
ストレートに繋ぎましたよ

048_20150322204441a75.jpg

幅も狭くなったんで、カッコいいSRが造れそうです
051_20150322204442c34.jpg

戸田くん、お待たせでした!  いつでも打ち合わせできるよ~






こちらはSRのハンドルクランプの加工です

左がノーマル、右が加工したトップクランプです
002_201503222055324b7.jpg
「 四角いクランプ、味気なくってイヤだ 」 ってお客様のご要望で

丸っこく削り込んで加工させていただきました

クランプを締めこんだときに割れないよう、主要な部分の肉を残して削っています
005_20150322205533c4f.jpg
こんな加工でも人と違ってテンションあがりますよね






こちらは同業者様からのご依頼でSRのスイングアームを延長加工。
057_201503222101251ed.jpg
専用のジグ上で施工しています

継ぎ手にはスイングアーム延長専用に仕入れている肉厚パイプ。 両端を旋盤で細くしていますが、
052_20150322210639248.jpg
芯出しと溶接時の熱による歪み止め、強度、耐久性の確保のためのものです。

公差をタイトに狙ってハンマーでカチ込んでから溶接していきます

ってことで右がノーマル、
009_20150322210127de4.jpg
奥が延長加工品です

溶接ビードはスムージング。
012_2015032221012941c.jpg
ピボットベアリングを打ち変えてペイントすれば完成です。

メッキ仕上げなんかも承りますよ。

スタイルにこだわる方には一押しのメニューです!







んでこちらも同業者さまからのご依頼です。

SRの2型後期のトップブリッジ加工です
017_20150322211611b41.jpg
左がノーマル、真ん中のやつが中仕上げ、右がフル仕上げって感じです

ノーマルではメインキーを囲うような感じになってるんですが、
021_20150322211613cfa.jpg
メインキー移設やハンドル周りの処理なんかで、すごくジャマになることがあるんです

なんでこの真ん中のは囲いを切り落として軽い仕上げをしたもの、
022_201503222116141b3.jpg

右のコイツは
023_2015032221161508c.jpg
メーターステーも切りおとし、きれいにスムージング後ポリッシュ仕上げしたものです

サンドブラスト仕上げなんかもできますよ

ハンドル周りはずっと目に映るところなんで、理想に仕上げたいですよね






んでこちらはサイレンサー加工とエキゾーストパイプ制作

荒木くんからオーダーいただきいているものです
050_20150322212605d25.jpg

サイレンサーはステンレス製のスーパートラップを2曲げ加工。
051_20150322212607726.jpg
バンク角の確保とエンジンオイルのドレンボルトをかわすため、エンジン真下から出てきます

ステンレスの扇板を2つ巻いてエンドのスーパートラップに溶接。

トラップ本来の性能を落とさないよう内部の隔壁やパンチング、ウールはそのまま使用してますよ。

エキパイは
052_201503222126084f2.jpg
こんな感じで制作しました。 ただいまメッキ屋さんに出発しております。

メッキがあがってステンレスサイレンサーをバフ掛けすれば完成です!

荒木くん、お待たせですがもーすぐ完成しそうでーす




今日のブログはいつもやってる金属加工のほんの1例。

もっともっといろんなことができますよ。  

「 なんかしたいなー 」 って方、ご遠慮なくお問い合わせくださいね

同業者さまも大歓迎なんでゼヒご相談ください!





んーで、

アトリエオープンおめでとうございます!

シルバー屋さん、〇「 BLUNTRIP 」 の金さんです。  車検だったんで預けにきてくれました。

048_20150322213606ad8.jpg
                         〇 ( カスタム詳細はこちら )

時間ができたら遊びにいきますね

車検、あがってますよ~





ではでは今日はこんくらいで

みなさんおやすみなさい


Posted by 2%er on 22.2015   2 comments   0 trackback

shop information

LOGO-co.jpg CUSTOM BIKE SHOP
2%er(ツーパーセンター)
〒520-0024
滋賀県大津市松山町6-3
TEL/FAX 077-526-7016
営業時間 10:30~20:00
水曜定休

TOP

2%er


最新記事


最新コメント
Counter

Category

LINK
大きな地図で見る

検索フォーム

QRコード

QR