• STD HARD-TAILSTD HARD-TAIL

    リジットフレームのような美しい三角形シルエットのハードテールコンプリート。リアショックを廃した 「 リジットライン ボルトオンハードテール 」 とシートレールのリジットライン加工により チョッパー/ボバー/トラッカーなどあらゆるビンテージスタイルをよりディープに制作できます

  • HARD-TAIL HARD-TAIL

    「 リジットライン ボルトオンハードテール 」 のリアセクションは その名の通りボルト、ナットにて脱着が可能。簡単にスイングアーム/リアショック仕様にも変更できるため、気になる車検も問題なくパスできます。

  • 2%er HARD TAIL 2%er HARD TAIL

    シートレール加工、リジットラインのボルトオンハードテールシンプル化したフレームでボバーとチョッパーの過渡期をテーマに製作した60’sスタイル

  • HARD TAIL BOBBER HARD TAIL BOBBER

    ボルトオンハードテールのSR400ボバー。 リアフレームをワンオフ、シートレールの加工でリジットフレームのようなきれいなラインに制作
  • B-Class-Chopper B-Class-Chopper

    2%ERのオーナーが自分用として仕事後や休日にコツコツ組んだオールドスクールスタイルのSR400

  • SPORTSTER SPORTSTER

    04以降、ストリート系カスタムに不向きなラバーマウントモデルをベースに 限られた予算内でバランスよく、ビンテージスタイルで仕上げたカスタム

  • CUSTOM PARTS CUSTOM PARTS

    SR400/500 シッシーバー(シーシーバー) ボルトオンキット
    ¥27,300-

    SR400/500 ミッドハイステップKIT ボルトオン
    ¥66,150-

  • 2percenter New HP 2percenter New HP
    ↑Click Link Here

スポーツスターの車検

Category : スポーツスター 車検
こんばんは

SRがメインの2%ERですが、
ここんとこスポーツスターのお客さまがすごく増えてます

ボク独立するしばらく前まで京都のハーレーディーラーで勤めさせてもらってたんですけど
その頃のお客様だったり、滋賀や京都でスポーツスターに乗っておられる方、

カスタム車の車検でお困りの方なんかによく来店していただいています

なんで今日はスポーツスターの車検のこと書いてみますね
2%ERの基本的な車検整備です。

ドナーはI様に持ち込んでいただいたこの車輌。
059_2014051521473308b.jpg
どっかで見たコトある感じ。カッコいいバイクですね

まずはバッテリーの点検。
062_20140515214732649.jpg
初めて見るブランドのバッテリーでした。長持ちするといいですね

んで充電
063_2014051521473125a.jpg
その間にほかの作業をしてるんですけど、

充電完了。
088_2014051521473009d.jpg


でエンジンオイル、トランスオイルを抜いておきます
086_20140515214727ead.jpg
ずいぶん汚れてますね

オイルエレメントも交換。ここは点検しておくべき箇所があるんですよ
064_20140515214728c46.jpg
たまにこんなに固着してるヤツあります。ブレーカーバーを使っても、

チェーンレンチにパイプつっこんでも、
066_201405152155525b5.jpg
エレメント自体が潰れるだけで、ビクとも回りやがりません

エレメントに穴が空いてるのわかります?いらないドライバーを刺して、
071_20140515215551a57.jpg
無理やり回してやっとはずれましたの図。

オイルエレメントが外れたら、ここチェックしておきます。オイルエレメントのアダブター。
074_2014051521555029e.jpg
たまに緩んでる車輌があるんですよ。コイツが揺るむと油圧が低下してしまうんで必ずチェックです

なんでレンチで締める方向にかるく力を入れて点検。
076_201405152155509be.jpg
緩んでるときは脱脂後ロックタイトを塗布して15Nmで締め付けておきます

アダプターの中のはチェックボールがおりますんで、
077_2014051521554979f.jpg
キズつけないように先端を丸くしたドライバーで動作点検。スプリングがしっかり効いていればOKです

点検が終われば、
080_201405152155482f7.jpg
脱脂して、

スポーツスターのエレメント交換は、エレメントの中に必ずオイルを満タンに。
081_201405152205420c8.jpg
エレメントのO-リングにシリコングリスを塗っておくと、次はずすのラクです

満タンのオイルがこぼれないように急いで組み付け。
083_20140515220541e65.jpg
そのあとプラグを外してエンジンを空回し。オイル通路のエア抜きをするんです。
オイルランプがあるとわかりやすいですよね。ハーレーにはオイルランプ欲しいな。

んでプラグをつけてオイルを入れてエンジン始動。
089_20140515220540735.jpg
正しい量のエンジンオイルを入れておきます。
オイルの入れすぎこわいですよ。高速でこのキャップが飛んでいくことがあるんです

これにてオイル、エレメント交換は終了。


つぎはトランス側の整備です
111_2014051522163813f.jpg
ダービーカバーとインスペクションカバー、スパークプラグを取り外して、リアをジャッキで持ち上げます

ミッションを5速に入れて、1次チェーンのたるみを点検。
113_201405152216371cd.jpg
2次側がベルトからチェーンに交換されている車輌はよく伸びてますよ

いちばんチェーンが張っているところでチェーン調整。
114_201405152216365f5.jpg
この車輌、ずいぶん伸びてました

んでクラッチレリーズをばらして
097_201405152216358db.jpg
レバー、レバーピンをO/Hします

取り外したレバーとピンを洗浄。
099_201405152216346b8.jpg
硬くなってしまってる古いグリスを洗い流しておきます

クラッチワイヤーのアジャスター部分には、ビニールテープを巻いて
102_2014051522163315b.jpg
グリスが漏れないようにしてから

ワイヤーに給油。
104_20140515222622eb1.jpg
ちゃんと下まで通ったのを確認してから

新しいグリスを塗布したレバー廻りの組み付け。
108_20140515222620ce9.jpg
これだけでもね、けっこうクラッチ軽くなること多いですよ

んでレリーズ調整をします。
116_20140515222621af4.jpg
写真がブレブレだったんで載せてませんけど、
この奥にいるレリーズベアリングはちょっと弱いんで、レリーズをバラした時点で点検しておきます

んでドレンボルトを
092_20140515223217f7f.jpg
洗浄して、

新しいO-リングに交換
093_20140515223216234.jpg
して組み付け、

見えるかな?ジャッキ直立でこの高さになるようにトランスオイルを入れます
117_20140515223214245.jpg
入れすぎるとクラッチ板にオイルがからんで、信号待ちでニュートラルに入りにくくなっちゃいますよ

Oーリングを交換してダービーカバーを取り付ければ、トランス側の整備は完了


次はエンジン右側。エアクリーナーの点検。洗い油で洗浄してからくみつけます
125_20140515224007dc9.jpg
まだなんとか使えるけど、次回は交換ですね。

キャブレターのフロートをバラして、ゴミやサビが落ちてきてないか点検しておきます
129_201405152240069d5.jpg
サビがいっぱいの場合は、ガスタンクのサビ取りとコーティングをオススメしています。このバイクはめちゃきれいでした。

組み付けてエンジン始動、
131_201405152240056ad.jpg
パイロットスクリリューの調整をすればエンジン右側の整備は完了


続いてフロントの足回り。
133_20140515224004374.jpg
ステムベアリング、フロントホイール、フロントフォークに異常がなかったんでブレーキの整備をしていきます

ブレーキダストでかなり汚れてますね
138_20140515224003616.jpg
しっかり洗浄して、

ピカピカに。
140_201405152240025d1.jpg
このときピストンをキャリパーボディーから出して、いっしょに清掃しています

ブレーキパッド。
137_20140515224933e7b.jpg

洗浄してカドを面取り。
143_201405152249335e2.jpg

洗浄した各パーツに
144_20140515224932ec8.jpg
必要な分だけのグリスを塗って、

組み立て。
145_20140515224931ce6.jpg

車体に取り付けて
148_201405152249302fb.jpg

ブレーキマスターのキャップを外します
157_20140515224929227.jpg
ブレーキフルードの交換とエア抜きの準備です

わかりにくいですよね?ブレーキフルードが汚れてるんです
149_20140515225418857.jpg
ブレーキのことなんでね、転ばぬ先の整備です。おろそかにすると後でロクなことないですもんね

ブリーダーでフルードを入れ替えて、念入りにエア抜きしてきます
155_20140515225417396.jpg
エア抜きが終わればフロントは完了。


次はリア。
025_20140515225416085.jpg

バラしてスイングアームのガタや動作点検をしておきます
026_20140515225415b8e.jpg

ホイールベアリングや
030_20140515225414cc6.jpg
スポークの緩みなんかも点検。

んでリアキャリパーの整備です
027_201405152254140cd.jpg

フロントと同じ作業ですが、
144_20140515224932ec8.jpg
リアはパッドが減ってたので新品に交換させていただきました

フロント同様に洗浄、
076_2014051523141882a.jpg
グリスアップして組み付け。

固着することの多いリアアクスルも、
077_20140515231417e2c.jpg
洗浄してサビ落とし、グリスアップしてリアホイールを組み付けます

んでリアブレーキフルードの交換とエア抜き作業。
083_20140515231417436.jpg
DOT5のフルードは、 紫 ⇒ 透明 ⇒ 黄色 ⇒ 茶色 ⇒ コゲ茶 な感じで汚れていきます

通常は2年でこのくらいの色。交換時期です。
085_20140515231941754.jpg
ブレーキ踏みまくる人やガスケットが甘いともっとよごれますよ

ブリーダーで汚いフルードを吸って、
086_20140515231940444.jpg

新しいフルードと交換。だいたいマスターカップ2杯分吸い出すと、ほぼ入れ替わります
089_20140515231939880.jpg
んでしこたまエア抜きして、くみつければブレーキは完成。

ドライブチェーンを清掃給油して、
081_201405152319383b5.jpg
各部増し締めやタイヤの空気圧点検、ほかにも細かいところを調整、点検してから

試乗。なんにも異変を感じなかったらバイクを磨いて終了です
095_201405152319369c8.jpg
細かいところを書くと、ほんとキリがないんでこのくらいにしときます

こんなのが2%ERのスポーツスターの基本的な車検整備でした。


んでね、実はスポーツスターの部品も少しだけ発売してるんです

〇「WEB STORE  」  にてマフラー2種、ステップいっこ発売してます。

今日は疲れたんで次のブログかまたこんど、ご紹介させていただきますね

ではではみなさんおやすみなさい

スポンサーサイト
Posted by 2%er on 15.2014   0 comments   0 trackback


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://2percenter.blog.fc2.com/tb.php/374-2e149a70

shop information

LOGO-co.jpg CUSTOM BIKE SHOP
2%er(ツーパーセンター)
〒520-0024
滋賀県大津市松山町6-3
TEL/FAX 077-526-7016
営業時間 10:30~20:00
水曜定休

TOP

2%er


最新記事


最新コメント
Counter

Category

LINK
大きな地図で見る

検索フォーム

QRコード

QR