• STD HARD-TAILSTD HARD-TAIL

    リジットフレームのような美しい三角形シルエットのハードテールコンプリート。リアショックを廃した 「 リジットライン ボルトオンハードテール 」 とシートレールのリジットライン加工により チョッパー/ボバー/トラッカーなどあらゆるビンテージスタイルをよりディープに制作できます

  • HARD-TAIL HARD-TAIL

    「 リジットライン ボルトオンハードテール 」 のリアセクションは その名の通りボルト、ナットにて脱着が可能。簡単にスイングアーム/リアショック仕様にも変更できるため、気になる車検も問題なくパスできます。

  • 2%er HARD TAIL 2%er HARD TAIL

    シートレール加工、リジットラインのボルトオンハードテールシンプル化したフレームでボバーとチョッパーの過渡期をテーマに製作した60’sスタイル

  • HARD TAIL BOBBER HARD TAIL BOBBER

    ボルトオンハードテールのSR400ボバー。 リアフレームをワンオフ、シートレールの加工でリジットフレームのようなきれいなラインに制作
  • B-Class-Chopper B-Class-Chopper

    2%ERのオーナーが自分用として仕事後や休日にコツコツ組んだオールドスクールスタイルのSR400

  • SPORTSTER SPORTSTER

    04以降、ストリート系カスタムに不向きなラバーマウントモデルをベースに 限られた予算内でバランスよく、ビンテージスタイルで仕上げたカスタム

  • CUSTOM PARTS CUSTOM PARTS

    SR400/500 シッシーバー(シーシーバー) ボルトオンキット
    ¥27,300-

    SR400/500 ミッドハイステップKIT ボルトオン
    ¥66,150-

  • 2percenter New HP 2percenter New HP
    ↑Click Link Here

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2%er on --.--

造りもの

Category : 加工、ワンオフパーツ
こんばんはです

今日はワンオフパーツや造りものな作業のこと

2%ERでは日常的な作業ですけど、皆さんはあんまり見ることないかな?

こんなふうに造ってますよーな感じのブログです
ちょっと長いかもだから、製作過程とかに興味ナシな人は読まないほーがいいかもデス



コレ、〇 「 ワンオフパイプ用 エキパイフランジキット 」 です。
010_201402132118264d0.jpg
ワンオフエキパイ製作時に、めっちゃ便利なオリジナルパーツ。ひそかに人気な商品です

コレを使ってスンジくんのワンオフマフラーを造っていきますよ
001_20140213211826b05.jpg
こないだはハンドル製作が終わった時点でタイムオーバーだったんで、改めて乗ってきてもらったんです

エキパイフランジキットにひとつめの曲げパイプを溶接しましたの図
005_20140213211825735.jpg
このひとつめの曲げの時点で、最後の取りまわしまでの全体像をほぼ決めてますよ

そこにつづくリップルドラッグパイプ。
007_20140213211824e25.jpg
リップルパイプの前後はフツーのパイプを溶接して継ぎ足してるんですよ

このスタイルで溶接跡が残るのはイヤだな。てことで、
008_20140213211823042.jpg
溶け込みを深く浸透させて、ツライチに仕上げやすいようにビードを盛り気味に溶接します

んで
013_20140213211822b26.jpg
いらないビードをグラインダーなどで

ツライチに仕上げていきます
014_20140213213139024.jpg


んで出来上がったパイプをひとつめの曲げにドッキング、
016_20140213213138580.jpg
継ぎ手を仕上げました

最後に取りつけステーを溶接して、
020_201402132131371a1.jpg

もいっかい組み付けて確認。
018_20140213213136a8e.jpg
ワンオフドラッグパイプの製作過程でした。このあと磨いてメッキ屋さんに出発でーっす

この作業で3時間くらい。(打ち合わせは事前にしておきましたけど。)
ワンオフマフラー、興味のある方は目の前でも製作させていただきますよ

ちなみに価格なんですが、

〇曲げ箇所の数や材質(スチールやステンレス、チタンなど)、〇継ぎ手の処理(溶接ビードを消すか溶接しっぱなしか)、

〇継ぎ手なしの手曲げで一本モノか、

〇表面の仕上げ(バフ仕上げやメッキ、耐熱ペイント)、〇ドラッグパイプじゃない場合サイレンサーがどんな形状か、

なんかによって大きく幅がありますんで、気になる方おられましたら気軽にお問い合わせくださいね




んで今日の作業のこと。フレーム加工の作業です
028_20140213215938fb2.jpg
このバイクはね、上のマフラー製作のSRのオーナー、スンジくんの弟、トクくんのSRなんです。
ずいぶん年下だけど、二人ともめっちゃカッコいい人間ですよ

長らくお待たせしましたがついにスタート!めっちゃ気合入ってます!
トクくんに似合ってカッコよくなるようにがんばります!

てな感じでフレームはこんなアリサマ。ヤマハさんごめんなさい
030_20140213215937c2a.jpg
ここからスタートしていきますよ

英車が好きなトクくん好みになるように、今回はBSAっぽくシート下をラウンドフレームにしていきます。
033_2014021321593659c.jpg
ちょっと前に1曲げだけしてた27.2の肉厚パイプ

コイツをもうひと曲げ。
041_201402132159357da.jpg
ガスで炙って曲げていきます

曲げ完了、
042_20140213215934cc9.jpg
定盤(作業台)にマジックで書いてあるようなフレームにしていきますよ

んで曲げたパイプを磨いてから、(焼けやサビが残ってると、次の作業のジャマになるんです)
049_20140213215934f74.jpg
ノーマルフレームとの継ぎ手部分に添え管(インロウって呼びます)を差し込むんです

このインロウはパイプ同士の継ぎ手の芯だしと強度の確保のために挿入するんですよ
051_201402132229539c4.jpg
新設するフレームパイプの先っぽがテーパーに削ってあるのは「開先」といって、
継ぎ手の溶接が深く浸透するように削ってるんです。コレも強度、耐久性の確保のためですよ

インロウはハンマーで圧入、
053_20140213222952b33.jpg
ゴソゴソだったら意味ないですからね、

あらかじめ開けておいた横穴から周り止めの溶接。
058_20140213222951185.jpg
表裏の2箇所の穴から溶接してます。

もっと応力がかかるところはインロウの長さを長くしたり、もうちょっと工夫してますよ

んで溶接ビードを仕上げます
064_201402132229504ef.jpg

ビードを仕上げたコイツラを、もとのフレームにハンマーでカチ込んでドッキングして、
069_20140213222949a09.jpg
前側をもとのフレームと擦り合わせ。

新設パイプとフレームパイプがピッタリ合うように削っていきます
070_2014021322294832e.jpg
均一な溶接をするためですよ

この擦り合わせ、ピッタリ合わせるのって意外と時間かかるんです
071_20140213224943ddd.jpg
これでひとまず完成。

ひと段落なんで次の作業をしていきます
045_20140213224942a49.jpg
サス受けを造っていきますね。材料を切り出して、サス軸受けを旋盤で削り出し。

あとで便利なように、裏側にナットを仕込んどきます
048_2014021322494140c.jpg

言葉じゃ伝えるのムズかしいな。写真見てください、こんな感じー
060_201402132249403e3.jpg
平板は4.5ミリ厚。なにがあっても潰れないようにブ厚い材料でいっときます

コイツに1.6ミリの帯板を切り出して、
062_20140213224939b9e.jpg
板金して巻きつけていきます。溶接すればサス受けブロック完成。

以前に延長しておいたスイングアームを組んで、
075_20140213224938d36.jpg
リアショックを仮組みして様子見してみると、

間延びしててカッコワルいッス
074_20140213230134f04.jpg

なんで
082_20140213230133cee.jpg
少しずつ刻んでバランス取り

タンクが無いとよくわからねーってコトで、
035_201402132304192c3.jpg
今回はこのタンク、BSAのC-15用を加工流用しますね

たぶん幅を詰めるんだけど、雰囲気を見るために
038_20140213230418b94.jpg
裏側をカット。とりあえずフレームにスッポリかぶるようにして全体を引いて見てみます

んー、、、
サス受けはもっと前に詰めて、スイングアーム側の受けも場所変えて、もっとサスが立つようにしよっと。
078_20140213230417869.jpg
見た目だけじゃなくって、サスの動きも考えた場所にしていきますよ
なんて考えて本日の作業は終了。

あと半日でおおよそのシルエットができそうです

トクくん、ほんとお待たせだけど楽しみにしといて~


んでジャンくん、ごめんなさい~
027_20140213230416fa3.jpg
もうちょっと試乗させて~



スポンサーサイト
Posted by 2%er on 13.2014   0 comments   0 trackback


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://2percenter.blog.fc2.com/tb.php/349-be14ca4c

shop information

LOGO-co.jpg CUSTOM BIKE SHOP
2%er(ツーパーセンター)
〒520-0024
滋賀県大津市松山町6-3
TEL/FAX 077-526-7016
営業時間 10:30~20:00
水曜定休

TOP

2%er


最新記事


最新コメント
Counter

Category

LINK
大きな地図で見る

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。