• STD HARD-TAILSTD HARD-TAIL

    リジットフレームのような美しい三角形シルエットのハードテールコンプリート。リアショックを廃した 「 リジットライン ボルトオンハードテール 」 とシートレールのリジットライン加工により チョッパー/ボバー/トラッカーなどあらゆるビンテージスタイルをよりディープに制作できます

  • HARD-TAIL HARD-TAIL

    「 リジットライン ボルトオンハードテール 」 のリアセクションは その名の通りボルト、ナットにて脱着が可能。簡単にスイングアーム/リアショック仕様にも変更できるため、気になる車検も問題なくパスできます。

  • 2%er HARD TAIL 2%er HARD TAIL

    シートレール加工、リジットラインのボルトオンハードテールシンプル化したフレームでボバーとチョッパーの過渡期をテーマに製作した60’sスタイル

  • HARD TAIL BOBBER HARD TAIL BOBBER

    ボルトオンハードテールのSR400ボバー。 リアフレームをワンオフ、シートレールの加工でリジットフレームのようなきれいなラインに制作
  • B-Class-Chopper B-Class-Chopper

    2%ERのオーナーが自分用として仕事後や休日にコツコツ組んだオールドスクールスタイルのSR400

  • SPORTSTER SPORTSTER

    04以降、ストリート系カスタムに不向きなラバーマウントモデルをベースに 限られた予算内でバランスよく、ビンテージスタイルで仕上げたカスタム

  • CUSTOM PARTS CUSTOM PARTS

    SR400/500 シッシーバー(シーシーバー) ボルトオンキット
    ¥27,300-

    SR400/500 ミッドハイステップKIT ボルトオン
    ¥66,150-

  • 2percenter New HP 2percenter New HP
    ↑Click Link Here

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by 2%er on --.--

フレーム加工

Category : 加工
どーも、今日はXS650のフレーム加工をいたしました

造り方な話になるんでメンドくさいかも。興味の無い人はヨソのブログへどーぞデス

昨日のブログで書いてたXS650。
003_20130505020935.jpg
すでにシートレールドロップされてるフレームなんですけど、
オーナー様のご希望で、もっとスマートに造り治ししていきますね

まずは新設するフレーム側サス受けのピボットや、スイングアームのサス受けブロック、
005_20130505020935.jpg
取り付けするリアショックのフルストローク寸法のリジットサス(サビた長いの)など製作

延長加工したスイングアーム。
008_20130505020934.jpg
サス受けの位置が後ろになりすぎたんで前方にサス受けブロックを新設します

カンタン治具でブロックを固定、
012_20130505020934.jpg
手に持ってるのは反対側のヤツね

左右とも仮止めしときます
015_20130505020933.jpg
あ、この作業の前にスイングアーム自体の水平垂直は完全に定盤の上で計測してますよ
まー延長加工したんでレベルが出てて当たり前なんですけどね

んでフルストローク寸法の簡易リジットサスをあてがって、
019_20130505020933.jpg
フレーム側のサス受け位置を念入りに考え中の図

フルストローク時の最低地上高もこの時に設定。めっちゃいっぱい考えながら作業してますよ
021_20130505022155.jpg
フレーム側の新たなサス受け位置を決めれば

古いフレームを切断
023_20130505022155.jpg

ナナメに上ってくるパイプを途中でカットすると、
028_20130505022155.jpg
当然サスの垂直に対するレベルが狂ってくるんで

新設するサス受けが溶接できません
033_20130505022154.jpg

034_20130505022154.jpg
なんでアセチレンで炙ってオフセットを調整

こんな状態ですね。リジットサスは定盤の上で面だししながらクロスメンバーを溶接。
050_20130505022153.jpg
これでカンタン治具になりました。リアアクスルにもカラーを噛ませて歪み止め。

接合部分を擦り合わせして仮付け
047_20130505023239.jpg
ひとまずこの状態で次の作業。

シートレールのパイプです。
こだわりの材料を使ってますよ。厚みは自己流ですが耐久性に絶対の自信ありデス。
切り出して手曲げ。
057_20130505023239.jpg
表面の色を見て解る人、鋼材マニアですね

曲げたら
059_20130505023238.jpg
冷めるの待って

フレームに擦り合わせ。
062_20130505023238.jpg

四つのちいさいパイプは、差し込みフレーム風に見せるため化粧パイプ。
066_20130505023238.jpg
このフレームに通しときます

コイツラも擦り合わせ。
072_20130505023237.jpg

治具でガッチリ固定しながら
103_20130505024116.jpg
歪みが出ないように仮付けや溶接の方向を考えながら本溶接

こちら前側
110_20130505024116.jpg

後ろ側は、
098_20130505024115.jpg
溶接してから

化粧パイプをかぶせて溶接
121_20130505024114.jpg

最後に左右の渡し(メンバー)をいれて
135_20130505024114.jpg
シートレールドロップ加工の完成

上から見たほうがスマートさが分るかな?
142_20130505024716.jpg
完全に冷めるのを待って、治具から取り外し、歪みがないか各部を採寸

OKなんで仮組みしていきます
163.jpg
今日はほかにもいろいろしてましたが、ほぼ定時で終わりました

山本くん、こんな感じ~
149_20130505024715.jpg
明日、打ち合わせしよう


シートレールのドロップ加工やスイングアーム延長、ハードテール加工など、
興味のある方、ぜひお問い合わせください

ちなみにネック廻りの加工は専用の治具を立ち上げ中。
一本フレーム化やグースネック、ストレッチ、ハイネックなんかにも対応していきますんでよろしくです


スポンサーサイト
Posted by 2%er on 05.2013   6 comments   0 trackback

shop information

LOGO-co.jpg CUSTOM BIKE SHOP
2%er(ツーパーセンター)
〒520-0024
滋賀県大津市松山町6-3
TEL/FAX 077-526-7016
営業時間 10:30~20:00
水曜定休

TOP

2%er


最新記事


最新コメント
Counter

Category

LINK
大きな地図で見る

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。